一斉休校「国は要請しない」 加藤官房長官、夏休み延長巡り

加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として小中高校に夏休み延長や臨時休校の動きが出ていることについて、「地域一斉の休校措置を国として要請することは考えていない」と明言した。9月以降に多く予定される修学旅行も「児童生徒にとって大変有意義な活動だ」と指摘。感染防止策に配慮しながら実施するよう促した。
「3回目ワクチン」デルタ株が浮き彫りにする世界の格差
加藤氏は、夏休み明けの新学期に学校で感染拡大が起こらないよう、文部科学省から都道府県に対策の徹底を通達したと説明。その上で「子どもにとっての一年一年の教育や『育ち』を大事にしていかなければならない」と述べ、一斉休校は避けるべきだとの考えを強調した。【高本耕太】