受け入れ消極的な病院に対応検討 コロナ患者巡り政府

田村憲久厚生労働相は20日の記者会見で、新型コロナウイルスに感染した患者の病床確保に向けた補助金を受けながら、受け入れに消極的な病院があるとの指摘に関し「都道府県からそういう声があれば対応を協議する」と述べた。
加藤勝信官房長官も同日の記者会見で、補助金を受け取った病院が患者を適正に受け入れるよう、今月6日に都道府県に要請したことに触れ「補助金の趣旨を踏まえ、まず都道府県で各医療機関の状況をよく把握してほしい」と語った。正当な理由なく受け入れを断ることなどがあった場合には、病床数に数えないこともあり得ると指摘した。