「妻が先を歩くだけで不機嫌に」モラハラ加害者の無言の“圧”はなぜ生まれるのか

―[モラハラ夫の反省文]―
◆モラハラ加害者が使う常套手段「無視」
「こちらに少しでも落ち度がある時には強い言葉で責めてくるのに、都合が悪くなると何日も無視したり不機嫌で黙らせようとしてきます…結局こっちが気を遣って機嫌を取ることになり、嫌になります」(モラハラ被害を受けている相談者)
DV・モラハラ加害者が、愛と配慮のある関係を作る力を身につけるための学びのコミュニティ「GADHA」を主宰しているえいなかと申します。
僕自身もDV・モラハラ加害者です。そのせいでたくさんの人を傷つけ、仕事や家庭が破綻寸前になり、ようやく自身の加害行為、それを生み出す加害的な思考・価値観を自覚しました。現在は日々自分の言動を改善しながら、妻と関係を再構築させてもらっています。
この連載では、僕自身の経験や当事者会での気づきを共有していきます。職場や家庭でモラハラに苦しんでいる方々、無自覚に加害を行っている方々の参考になれば幸いです。
被害者の方から「無視・無言で攻撃される」という話をよく聞きます。一体、なぜ加害者は自分の言葉で説明せずに、無視・無言によって相手を攻撃するのでしょうか。 僕もそのような加害をしてしまったことがあります。ある日、妻と楽器の練習をしにカラオケに向かっている時のことでした。◆妻が先を歩いていっただけで不機嫌になった愚かな私 どこかで道路を渡る必要があったので、僕は妻に何か言うでもなく唐突に道路を渡りました。僕が前を歩いていたので当然妻がついてくると思っていたのですが、妻はそのまま元いた道を歩き続けます。 すぐ渡ってくるだろうと思って自分も歩いていたのですが、妻は振り返りもせずにどんどん歩いていきます。なんだか置いてけぼりにされたような気がして、次第に「なんでついてこないんだ」「どっかで渡らなきゃいけないんだから、どこで渡ってもいいだろう」「楽器の練習をしたいというから忙しい中で時間を作ったのに…」と怒りが湧いてきました。 結局、一人で歩いているうちに一緒に楽器を練習する気がなくなり、スマホで「今日はもういい。ご飯を食べて帰る」とだけメッセージして近くのご飯屋さんに向かいました。 しばらくして妻がメッセージに気づき、店の中にいる僕を見つけてこう言いました。「どうしたの? なんで急に嫌になったの?」 僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
僕もそのような加害をしてしまったことがあります。ある日、妻と楽器の練習をしにカラオケに向かっている時のことでした。◆妻が先を歩いていっただけで不機嫌になった愚かな私 どこかで道路を渡る必要があったので、僕は妻に何か言うでもなく唐突に道路を渡りました。僕が前を歩いていたので当然妻がついてくると思っていたのですが、妻はそのまま元いた道を歩き続けます。 すぐ渡ってくるだろうと思って自分も歩いていたのですが、妻は振り返りもせずにどんどん歩いていきます。なんだか置いてけぼりにされたような気がして、次第に「なんでついてこないんだ」「どっかで渡らなきゃいけないんだから、どこで渡ってもいいだろう」「楽器の練習をしたいというから忙しい中で時間を作ったのに…」と怒りが湧いてきました。 結局、一人で歩いているうちに一緒に楽器を練習する気がなくなり、スマホで「今日はもういい。ご飯を食べて帰る」とだけメッセージして近くのご飯屋さんに向かいました。 しばらくして妻がメッセージに気づき、店の中にいる僕を見つけてこう言いました。「どうしたの? なんで急に嫌になったの?」 僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
◆妻が先を歩いていっただけで不機嫌になった愚かな私 どこかで道路を渡る必要があったので、僕は妻に何か言うでもなく唐突に道路を渡りました。僕が前を歩いていたので当然妻がついてくると思っていたのですが、妻はそのまま元いた道を歩き続けます。 すぐ渡ってくるだろうと思って自分も歩いていたのですが、妻は振り返りもせずにどんどん歩いていきます。なんだか置いてけぼりにされたような気がして、次第に「なんでついてこないんだ」「どっかで渡らなきゃいけないんだから、どこで渡ってもいいだろう」「楽器の練習をしたいというから忙しい中で時間を作ったのに…」と怒りが湧いてきました。 結局、一人で歩いているうちに一緒に楽器を練習する気がなくなり、スマホで「今日はもういい。ご飯を食べて帰る」とだけメッセージして近くのご飯屋さんに向かいました。 しばらくして妻がメッセージに気づき、店の中にいる僕を見つけてこう言いました。「どうしたの? なんで急に嫌になったの?」 僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
どこかで道路を渡る必要があったので、僕は妻に何か言うでもなく唐突に道路を渡りました。僕が前を歩いていたので当然妻がついてくると思っていたのですが、妻はそのまま元いた道を歩き続けます。 すぐ渡ってくるだろうと思って自分も歩いていたのですが、妻は振り返りもせずにどんどん歩いていきます。なんだか置いてけぼりにされたような気がして、次第に「なんでついてこないんだ」「どっかで渡らなきゃいけないんだから、どこで渡ってもいいだろう」「楽器の練習をしたいというから忙しい中で時間を作ったのに…」と怒りが湧いてきました。 結局、一人で歩いているうちに一緒に楽器を練習する気がなくなり、スマホで「今日はもういい。ご飯を食べて帰る」とだけメッセージして近くのご飯屋さんに向かいました。 しばらくして妻がメッセージに気づき、店の中にいる僕を見つけてこう言いました。「どうしたの? なんで急に嫌になったの?」 僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
すぐ渡ってくるだろうと思って自分も歩いていたのですが、妻は振り返りもせずにどんどん歩いていきます。なんだか置いてけぼりにされたような気がして、次第に「なんでついてこないんだ」「どっかで渡らなきゃいけないんだから、どこで渡ってもいいだろう」「楽器の練習をしたいというから忙しい中で時間を作ったのに…」と怒りが湧いてきました。 結局、一人で歩いているうちに一緒に楽器を練習する気がなくなり、スマホで「今日はもういい。ご飯を食べて帰る」とだけメッセージして近くのご飯屋さんに向かいました。 しばらくして妻がメッセージに気づき、店の中にいる僕を見つけてこう言いました。「どうしたの? なんで急に嫌になったの?」 僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
結局、一人で歩いているうちに一緒に楽器を練習する気がなくなり、スマホで「今日はもういい。ご飯を食べて帰る」とだけメッセージして近くのご飯屋さんに向かいました。 しばらくして妻がメッセージに気づき、店の中にいる僕を見つけてこう言いました。「どうしたの? なんで急に嫌になったの?」 僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
しばらくして妻がメッセージに気づき、店の中にいる僕を見つけてこう言いました。「どうしたの? なんで急に嫌になったの?」 僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
「どうしたの? なんで急に嫌になったの?」 僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
僕は「別になんでもない、あなたに変わってもらうつもりもないし、もう今日は何か一緒にする気もない。一切話したくない」と言ったきり、何も言われても答えずに無言を続けました。◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
◆悔しさや恥ずかしさを認めることができずに、怒ってしまう この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
この時、一体何が起こっていたのでしょうか。大きく2つの問題があることが見て取れたと思います。 1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
1つ目は「怒りよりも先に感じた感情を、自分でうまく理解できていない」ということです。今振り返ってみれば、僕は怒るよりも先に、悲しい・寂しい・不安といった感情にパニックになっていました。 一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
一緒に楽しく歩いていたかったのに、(相手に同意も得ずに勝手に道路を渡っているにも関わらず)ついてきてもらえず、振り向きもしないで歩き続けている背中を見ていると自分が捨てられたような感覚に襲われていたのです。 それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。
それを怒りという感情で覆い隠して「ついてこない相手が悪い」と責める気持ちになることで、自分の脆弱な感情、傷つきをごまかしているのです。 2つ目の問題は、上記の問題から生まれます。自分の脆弱な感情をごまかしているので、素直にお願いすることができず、怒りや不機嫌の感情しか相手に向けることができないため、結果的に建設的な話し合いが全くできないという問題です。

妻にはズバリ「えいなかは、私についてきてほしかったんだよね? でもついてきてもらえなくて嫌だったんでしょう。それならそう言えば良いのに、どうしてそうやって説明もせずに一方的にメッセージだけするの」と言われました。
それは的を射た指摘でした。それゆえに、返事をしたくありませんでした。自分が甘えたワガママを言っていることを突きつけられて、悔しい、恥ずかしいという感情が自分を支配し、ただ黙って壁を見ていました。
自分の弱さを認めていたらどうだったでしょうか。道路を渡ったあと、すぐついてきてくれなかったときに、声をかけて一緒に歩きたいと言えばよかった。相手が渡りたくないタイミングだったなら、自分が元いた道に戻ればよかった。
あるいはメッセージをする時に「一緒に歩きたかった」と言えばよかった。「いきなり渡っちゃってごめん」と一言謝ればよかった。
◆不機嫌が許されるのは赤ちゃんだけ
妻は「どうせあとで合流するから一緒に歩かなくても良いと思った」と言っていました。自分が勝手に見捨てられたような感覚、自分を軽んじられたような感覚を持っていただけなのです。 それなのに、自分のニーズ=脆弱さを認められないがために「ついてこないお前が悪い」「普通あの場面だとついてくるだろう」というべき論で自分を守る。その未熟さ愚かさに気づいているから、相手の指摘を無視することによって、愚かさを認めることからさえも逃げようとする。 自分の弱さを認められていれば、その場ですぐ関係を修復し、楽しくカラオケで楽器の練習ができたはずです。いい週末を過ごせたはずです。その機会を壊したのは、疑いようもなく自分の「弱さを認められない弱さ」が原因でした。 都合が悪くなると不機嫌や無視で攻撃してくる人間は、自分の言動の不一致を自覚しながら、それによって相手を困らせていることにも薄々気づきながら、相手にケア・配慮・気遣いさせて問題を解消しようとする非常にずるく弱い人間です。 素直に謝らないのは自分の脆弱性、ニーズに気づいていないか、それを認めるのが恥ずかしいことだと考え、それを刺激されたことで相手に攻撃されたと感じる「被害者根性」にあります。 こういう人間は、自分のニーズを認識していないため、満たされて当然と考え、してもらったことに感謝もしません。ニーズを認識していないので、満たされないと怠慢であると喚き、責めてきます。 これが許されるのは赤ちゃんだけです。そして加害者は赤ちゃんと違って可愛くもありません。よって、パートナーはその関係に疲れ切り、別れを選ぶのです。◆<被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント>相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
それなのに、自分のニーズ=脆弱さを認められないがために「ついてこないお前が悪い」「普通あの場面だとついてくるだろう」というべき論で自分を守る。その未熟さ愚かさに気づいているから、相手の指摘を無視することによって、愚かさを認めることからさえも逃げようとする。 自分の弱さを認められていれば、その場ですぐ関係を修復し、楽しくカラオケで楽器の練習ができたはずです。いい週末を過ごせたはずです。その機会を壊したのは、疑いようもなく自分の「弱さを認められない弱さ」が原因でした。 都合が悪くなると不機嫌や無視で攻撃してくる人間は、自分の言動の不一致を自覚しながら、それによって相手を困らせていることにも薄々気づきながら、相手にケア・配慮・気遣いさせて問題を解消しようとする非常にずるく弱い人間です。 素直に謝らないのは自分の脆弱性、ニーズに気づいていないか、それを認めるのが恥ずかしいことだと考え、それを刺激されたことで相手に攻撃されたと感じる「被害者根性」にあります。 こういう人間は、自分のニーズを認識していないため、満たされて当然と考え、してもらったことに感謝もしません。ニーズを認識していないので、満たされないと怠慢であると喚き、責めてきます。 これが許されるのは赤ちゃんだけです。そして加害者は赤ちゃんと違って可愛くもありません。よって、パートナーはその関係に疲れ切り、別れを選ぶのです。◆<被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント>相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
自分の弱さを認められていれば、その場ですぐ関係を修復し、楽しくカラオケで楽器の練習ができたはずです。いい週末を過ごせたはずです。その機会を壊したのは、疑いようもなく自分の「弱さを認められない弱さ」が原因でした。 都合が悪くなると不機嫌や無視で攻撃してくる人間は、自分の言動の不一致を自覚しながら、それによって相手を困らせていることにも薄々気づきながら、相手にケア・配慮・気遣いさせて問題を解消しようとする非常にずるく弱い人間です。 素直に謝らないのは自分の脆弱性、ニーズに気づいていないか、それを認めるのが恥ずかしいことだと考え、それを刺激されたことで相手に攻撃されたと感じる「被害者根性」にあります。 こういう人間は、自分のニーズを認識していないため、満たされて当然と考え、してもらったことに感謝もしません。ニーズを認識していないので、満たされないと怠慢であると喚き、責めてきます。 これが許されるのは赤ちゃんだけです。そして加害者は赤ちゃんと違って可愛くもありません。よって、パートナーはその関係に疲れ切り、別れを選ぶのです。◆<被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント>相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
都合が悪くなると不機嫌や無視で攻撃してくる人間は、自分の言動の不一致を自覚しながら、それによって相手を困らせていることにも薄々気づきながら、相手にケア・配慮・気遣いさせて問題を解消しようとする非常にずるく弱い人間です。 素直に謝らないのは自分の脆弱性、ニーズに気づいていないか、それを認めるのが恥ずかしいことだと考え、それを刺激されたことで相手に攻撃されたと感じる「被害者根性」にあります。 こういう人間は、自分のニーズを認識していないため、満たされて当然と考え、してもらったことに感謝もしません。ニーズを認識していないので、満たされないと怠慢であると喚き、責めてきます。 これが許されるのは赤ちゃんだけです。そして加害者は赤ちゃんと違って可愛くもありません。よって、パートナーはその関係に疲れ切り、別れを選ぶのです。◆<被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント>相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
素直に謝らないのは自分の脆弱性、ニーズに気づいていないか、それを認めるのが恥ずかしいことだと考え、それを刺激されたことで相手に攻撃されたと感じる「被害者根性」にあります。 こういう人間は、自分のニーズを認識していないため、満たされて当然と考え、してもらったことに感謝もしません。ニーズを認識していないので、満たされないと怠慢であると喚き、責めてきます。 これが許されるのは赤ちゃんだけです。そして加害者は赤ちゃんと違って可愛くもありません。よって、パートナーはその関係に疲れ切り、別れを選ぶのです。◆<被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント>相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
こういう人間は、自分のニーズを認識していないため、満たされて当然と考え、してもらったことに感謝もしません。ニーズを認識していないので、満たされないと怠慢であると喚き、責めてきます。 これが許されるのは赤ちゃんだけです。そして加害者は赤ちゃんと違って可愛くもありません。よって、パートナーはその関係に疲れ切り、別れを選ぶのです。◆<被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント>相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
これが許されるのは赤ちゃんだけです。そして加害者は赤ちゃんと違って可愛くもありません。よって、パートナーはその関係に疲れ切り、別れを選ぶのです。◆<被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント>相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
◆<被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント>相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
相手は謝らない人ですか? 自分の間違いを認め、謝ることができない人は、自分にニーズがあることを認めません。謝らない人は、感謝もしません。どちらも「わざわざ言わなくても僕ちゃんのニーズをちゃんと察して満たしてくれなきゃダメ!」という幼稚な考えが背景にあります。そしてあなたが辛い時でも、あなたをケアしてくれることはないでしょう。◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
◆<加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント>あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
あなたは「謝りたくない。ケーキとかプレゼントでも買ったり、家事やマッサージでもしてやれば機嫌を治すだろう」などと考え、行動したことはありませんか。被害者が求めているのは、誤りを認めより良い関係になろうとする努力であって、なあなあにして誤魔化すことではありません。なぜなら、それをしない限り、似た状況で行動を変えるのは被害者になるからです。それが繰り返されれば、待っているのは蓄積された怒りと「もういい」という諦めです。関係は「この人は自分のために変わってくれないし、自分もこの人のためにもう変わりたいと思えない」ときに終わります。 ―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか
―[モラハラ夫の反省文]― 【えいなか】DV・モラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティ「GADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッター:えいなか