藤井聡太王位・棋聖、豊島将之叡王に敗れる「本局は完敗」最年少三冠は次局以降に持ち越し 叡王戦五番勝負は最終第5局へ

藤井聡太王位・棋聖(19)が8月22日、叡王戦五番勝負第4局(愛知県名古屋市・名古屋東急ホテル)で、豊島将之叡王(竜王、31)に91手で敗れた。これでシリーズ成績は2勝2敗で、タイトルは最終第5局の勝者が手にすることになった。藤井王位・棋聖は、勝てば最年少19歳1カ月、史上初の10代での三冠達成となったが、新たな記録は次局以降に持ち越しになった。第5局は9月13日、東京都渋谷区の将棋会館で行われる。

【中継】第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
藤井王位・棋聖はシリーズ2勝1敗で本局を迎え、勝てばタイトル奪取で三冠達成という大一番で、後手番から豊島叡王の相掛かりを受けて立った。豊島叡王の研究と見られる手順にはまったか、序盤から形勢でリードを許すと中盤、さらには終盤に粘りはするものの、逆転するまでには至らず。お~いお茶杯王位戦七番勝負と合わせて「十二番勝負」となってからは5勝2敗と勝ち越していた同郷の先輩棋士に意地を見せる格好となり、三冠達成を寸前で阻まれる格好となった。これで両者の対決は藤井王位・棋聖の6勝9敗。
対局後、藤井王位・棋聖は「ちょっと早い段階でミスが出てしまって、勝負どころを作れなかったのは残念です。進んでみると、だいぶまずい局面になってしまっている気がしました。本局は完敗だったので、最終局は精一杯戦って、勝負どころを作れるように指せたらと思います」と、反省とともに次局を奮起を誓っていた。