東京パラリンピック関係者 新たに30人感染確認

2日後に開幕する東京パラリンピックに関連して、1日で過去最多の30人が、新たに新型コロナウイルスに感染したことがわかった。
大会組織委員会によると、新たに感染が確認されたのは30人で、日本の在住者は18人、海外から来日した人が12人だという。
12人のうち、2人は選手で、選手村には滞在しておらず、国籍も明らかにされていない。
これで、大会組織委員会が発表したパラリンピック関連の感染者は、あわせて131人となった。