杉村太蔵氏が菅首相の引き際に言及「大総理だと言われると思いますよ」

政治評論家でタレントの杉村太蔵氏(42)が22日放送のバラエティー番組「サンデージャポン」(TBS系)で、言い間違え連発の菅義偉首相(72)の引き際について言及した。
菅首相は6日に行われた平和祈念式典では1ページ分を読み飛ばすというまさかの失態。17日の緊急事態宣言延長の記者会見では「感染拡大の防止を最優先」と言わなければいけないところを「感染拡大を最優先」と言い間違えてしまった。4か月半休みなしとも言われ、その体調を心配する声も多い。
自民党総裁選の日程が26日にも決定するが、番組内で意見を求められた杉村氏は「総裁選は現職が有利と言われていますが…。菅さんは大きなお世話だと思いますが、(ワクチンの道筋をつけた上で)もし退くようなことがあれば、大総理だと言われると思いますよ」と、次にバトンを引き継ぐことが大切ではないかとの考えを示した。