茂木健一郎氏 河村たかし市長の謝罪文「走り書きだし、内容が薄すぎ」

脳科学者の茂木健一郎氏が23日、ツイッターに新規投稿。名古屋市の河村たかし市長が、優勝報告に訪れた東京五輪ソフトボール日本代表の後藤希友(みう)選手の金メダルをかじった問題で、市職員向けに出した直筆の謝罪文について「内容が薄すぎませんでしょうか」と指摘した。
茂木氏は「わざわざ直筆で書くことの意味は、心を込めて丁寧に記し、言葉遣いや文章のトーンも誠意が伝わるようにする点にあるように思うのですが。走り書きだし、内容が薄すぎませんでしょうか」と疑問を呈した。
この謝罪文には、ネット上でも「ひらがな多すぎ」「殴り書き」「走り書き」などとツッコミや批判が相次いでいる。
謝罪文は「名古屋市職員の皆様へ  名古屋市長河村たかし」と「職」を略字体で記し、「私がひきおこした金メダル事件により、皆様にお詫(わ)び申し上げます」と「金メダル事件」と表現。「数多くの電話メール手紙等よせられ業務にめいわくをかけております。すべて私が悪かったことでございます。つつしんでお詫び申し上げます。以上」と記されている。