ひろゆき氏「いいね」の数を喜ぶ人は「データに感情を動かされている人」

実業家のひろゆき氏が23日までにツイッターに投稿し、SNSにおける共感等を表す「いいね」について、「喜ぶ人はデータに感情を動かされている」とツイートした。
ひろゆき氏は「現実で幸せになれるのは、見た目がいいとか、才能とかお金とか、他人よりも優れたものを持ってる人。多数の凡人は現実では幸せになれずに、データの世界で幸せだと思い込まされて生きるのではないかと。。」との考えを示し、「いいねの数で喜ぶ人は、既にデータに感情を動かされてる人ですよ」と投稿した。
ひろゆき氏は別の投稿で「凡人」について、「世田谷区の庭付き一戸建てに住んでるマスオさんは、凡人ではなく上流階級ですよ。しんちゃんのパパは35歳で年収600万円以上です。日本の平均年収が600万円を超えるのは50歳以上です」と、漫画「サザエさん」、「クレヨンしんちゃん」の登場人物を引用して解説した。