工藤会・野村被告に死刑判決 暴力団トップに初か 田上被告は無期

全国で唯一の特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる市民襲撃4事件で、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟(74)とナンバー2で会長の田上(たのうえ)不美夫(ふみお)(65)両被告の判決公判で、福岡地裁(足立勉裁判長)は24日、野村被告に求刑通り死刑、田上被告に無期懲役(求刑・無期懲役、罰金2000万円)を言い渡した。
工藤会・野村悟被告 市民まで「恐怖支配」
指定暴力団トップへの死刑判決は初めてとみられ、今後の暴力団捜査に影響を与える可能性がある。
足立裁判長は、野村被告が工藤会やその2次団体の組織力と指揮命令系統を利用し、4事件とも「首謀者として関与した」と認定。そのうえで「何ら落ち度もない一般市民を組織により襲撃した動機、経緯にくむべき余地は皆無」と指摘し「罪責は誠に重大で極刑の選択はやむを得ない」と述べた。一方、田上被告も野村被告とともに「犯行に至る意思決定に深く関与した」と認定し「有期懲役では軽すぎる」と判断した。
4事件とも実行役などの組員らは既に有罪判決が出ており、両被告の直接的な指示の証拠がない中、両被告と組員らの共謀が成立するかが主な争点だった。 判決は、4事件のうち、元漁協組合長射殺と歯科医師刺傷は港湾工事に絡む利権目当て、看護師刺傷は野村被告が看護師の対応に抱いた不満と3事件には工藤会や野村被告らに動機があったと指摘。元警部銃撃は「直接の動機は不明」としつつも、上位者の指示は絶対とする工藤会の強い組織性を背景に4事件とも両被告の了解や指示なしでは起こり得なかったとして組員らとの共謀を認定した。一方、元警部銃撃には利益獲得の目的があったとして検察側が田上被告に求めた罰金2000万円は退けた。 閉廷後、野村被告の弁護人は報道陣の取材に「とんでもない判決」と批判し、両被告の弁護人とも控訴する方針を示した。福岡地検は「主張がおおむね認められた。罰金刑は判決内容を十分検討し適切に対応したい」とコメントした。判決の認定内容 野村、田上両被告は実行犯らと共謀し1998年2月18日、北九州市小倉北区の路上で元漁協組合長の男性(当時70歳)を射殺2012年4月19日、同市小倉南区の路上で元福岡県警警部(同61歳)を銃撃し13年1月28日、福岡市博多区の歩道上で看護師の女性(同45歳)を刃物で刺し14年5月26日、小倉北区の駐車場で歯科医師の男性(同29歳)を刃物で刺し、いずれも重傷を負わせた。
判決は、4事件のうち、元漁協組合長射殺と歯科医師刺傷は港湾工事に絡む利権目当て、看護師刺傷は野村被告が看護師の対応に抱いた不満と3事件には工藤会や野村被告らに動機があったと指摘。元警部銃撃は「直接の動機は不明」としつつも、上位者の指示は絶対とする工藤会の強い組織性を背景に4事件とも両被告の了解や指示なしでは起こり得なかったとして組員らとの共謀を認定した。一方、元警部銃撃には利益獲得の目的があったとして検察側が田上被告に求めた罰金2000万円は退けた。 閉廷後、野村被告の弁護人は報道陣の取材に「とんでもない判決」と批判し、両被告の弁護人とも控訴する方針を示した。福岡地検は「主張がおおむね認められた。罰金刑は判決内容を十分検討し適切に対応したい」とコメントした。判決の認定内容 野村、田上両被告は実行犯らと共謀し1998年2月18日、北九州市小倉北区の路上で元漁協組合長の男性(当時70歳)を射殺2012年4月19日、同市小倉南区の路上で元福岡県警警部(同61歳)を銃撃し13年1月28日、福岡市博多区の歩道上で看護師の女性(同45歳)を刃物で刺し14年5月26日、小倉北区の駐車場で歯科医師の男性(同29歳)を刃物で刺し、いずれも重傷を負わせた。
閉廷後、野村被告の弁護人は報道陣の取材に「とんでもない判決」と批判し、両被告の弁護人とも控訴する方針を示した。福岡地検は「主張がおおむね認められた。罰金刑は判決内容を十分検討し適切に対応したい」とコメントした。判決の認定内容 野村、田上両被告は実行犯らと共謀し1998年2月18日、北九州市小倉北区の路上で元漁協組合長の男性(当時70歳)を射殺2012年4月19日、同市小倉南区の路上で元福岡県警警部(同61歳)を銃撃し13年1月28日、福岡市博多区の歩道上で看護師の女性(同45歳)を刃物で刺し14年5月26日、小倉北区の駐車場で歯科医師の男性(同29歳)を刃物で刺し、いずれも重傷を負わせた。
判決の認定内容 野村、田上両被告は実行犯らと共謀し1998年2月18日、北九州市小倉北区の路上で元漁協組合長の男性(当時70歳)を射殺2012年4月19日、同市小倉南区の路上で元福岡県警警部(同61歳)を銃撃し13年1月28日、福岡市博多区の歩道上で看護師の女性(同45歳)を刃物で刺し14年5月26日、小倉北区の駐車場で歯科医師の男性(同29歳)を刃物で刺し、いずれも重傷を負わせた。
野村、田上両被告は実行犯らと共謀し1998年2月18日、北九州市小倉北区の路上で元漁協組合長の男性(当時70歳)を射殺2012年4月19日、同市小倉南区の路上で元福岡県警警部(同61歳)を銃撃し13年1月28日、福岡市博多区の歩道上で看護師の女性(同45歳)を刃物で刺し14年5月26日、小倉北区の駐車場で歯科医師の男性(同29歳)を刃物で刺し、いずれも重傷を負わせた。