暴力団「工藤会」トップの判決公判、主文後回し…福岡地裁

四つの市民襲撃事件を指揮命令したなどとして、殺人罪や組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などに問われた特定危険指定暴力団工藤会(本部・北九州市)トップで総裁の野村悟(74)、ナンバー2で会長の田上不美夫(65)両被告の判決公判が24日午前、福岡地裁で始まった。
足立勉裁判長は主文の言い渡しを後回しにし、判決理由の朗読から始めた。足立裁判長は4事件全てで両被告の関与を認めており、厳しい刑となる見通し。
検察側は野村被告に対し、指定暴力団トップとしては極めて異例の死刑を、田上被告には無期懲役と罰金2000万円を、それぞれ求刑している。
判決によると、野村、田上両被告は〈1〉元漁協組合長射殺(1998年)〈2〉福岡県警の元警部銃撃(2012年)〈3〉看護師刺傷(13年)〈4〉元漁協組合長の孫の歯科医師刺傷(14年)の各事件で実行役らと共謀、〈2〉~〈4〉については、野村被告が指揮命令した。
両被告は4事件のいずれについても全面的に無罪を主張。両被告の指示を直接裏付ける証拠はなく、野村被告を頂点とする指揮命令が認められるかどうかが、最大の争点だった。  検察側は、野村被告に強い忠誠心を示す組幹部など延べ91人の証人尋問などを通じ、工藤会は上意下達の厳格な組織で「野村被告らの了承なしに、無断で組員が重大事件を起こすことなどは考えられない」と主張。元漁協組合長射殺事件と歯科医師刺傷事件は漁協が絡む大型公共事業の利権への介入、残る2事件は取り締まりを強化する警察へのけん制や、被害者への個人的な不満などを動機に挙げた。  そのうえで野村被告に対しては、「他の暴力団には見られない反社会性、凶悪性を持つ工藤会を率いた首謀者。際立って悪質な事件の元凶」として、亡くなった被害者が1人としては異例の極刑を求めていた。  一方、弁護側は「両被告の関与を示す証拠がない。総裁は名誉職で、組織に対する権限もない」と反論。「父は野村被告らから求められた交際を断った後に殺された」とする元漁協組合長の長男の証言などについては、「後日作られた虚偽の内容だ」と主張した。検察側が挙げる事件の動機についても「独善的で不合理な推論を重ねている」と否定した。  4事件を巡っては、いずれも実行役らの実刑が確定。元漁協組合長射殺事件を除く3事件は、野村被告を頂点とした指揮命令が認定されていた。
検察側は、野村被告に強い忠誠心を示す組幹部など延べ91人の証人尋問などを通じ、工藤会は上意下達の厳格な組織で「野村被告らの了承なしに、無断で組員が重大事件を起こすことなどは考えられない」と主張。元漁協組合長射殺事件と歯科医師刺傷事件は漁協が絡む大型公共事業の利権への介入、残る2事件は取り締まりを強化する警察へのけん制や、被害者への個人的な不満などを動機に挙げた。  そのうえで野村被告に対しては、「他の暴力団には見られない反社会性、凶悪性を持つ工藤会を率いた首謀者。際立って悪質な事件の元凶」として、亡くなった被害者が1人としては異例の極刑を求めていた。  一方、弁護側は「両被告の関与を示す証拠がない。総裁は名誉職で、組織に対する権限もない」と反論。「父は野村被告らから求められた交際を断った後に殺された」とする元漁協組合長の長男の証言などについては、「後日作られた虚偽の内容だ」と主張した。検察側が挙げる事件の動機についても「独善的で不合理な推論を重ねている」と否定した。  4事件を巡っては、いずれも実行役らの実刑が確定。元漁協組合長射殺事件を除く3事件は、野村被告を頂点とした指揮命令が認定されていた。
そのうえで野村被告に対しては、「他の暴力団には見られない反社会性、凶悪性を持つ工藤会を率いた首謀者。際立って悪質な事件の元凶」として、亡くなった被害者が1人としては異例の極刑を求めていた。  一方、弁護側は「両被告の関与を示す証拠がない。総裁は名誉職で、組織に対する権限もない」と反論。「父は野村被告らから求められた交際を断った後に殺された」とする元漁協組合長の長男の証言などについては、「後日作られた虚偽の内容だ」と主張した。検察側が挙げる事件の動機についても「独善的で不合理な推論を重ねている」と否定した。  4事件を巡っては、いずれも実行役らの実刑が確定。元漁協組合長射殺事件を除く3事件は、野村被告を頂点とした指揮命令が認定されていた。
一方、弁護側は「両被告の関与を示す証拠がない。総裁は名誉職で、組織に対する権限もない」と反論。「父は野村被告らから求められた交際を断った後に殺された」とする元漁協組合長の長男の証言などについては、「後日作られた虚偽の内容だ」と主張した。検察側が挙げる事件の動機についても「独善的で不合理な推論を重ねている」と否定した。  4事件を巡っては、いずれも実行役らの実刑が確定。元漁協組合長射殺事件を除く3事件は、野村被告を頂点とした指揮命令が認定されていた。
4事件を巡っては、いずれも実行役らの実刑が確定。元漁協組合長射殺事件を除く3事件は、野村被告を頂点とした指揮命令が認定されていた。