新型ウイルスワクチン、2回接種の防御効果は約5カ月で低下=英公衆衛生当局

新型コロナウイルスワクチンの2回の接種で得られる防御効果が、接種から数カ月で低下することが、英公衆衛生当局の研究で示された。今冬には追加接種が必要になると指摘する専門家もいる。
この研究では、米ファイザー製あるいは英アストラゼネカ製ワクチンを2回接種した100万人以上を対象に、2021年5月から7月の間に新型ウイルスのPCR検査で陽性となった人のデータを用いた。
その結果、ファイザー製ワクチンによる防御効果は、2回目の接種から1か月後は88%、5~6カ月後には74%に低下したことが示された。
一方でアストラゼネカ製では、2回目の接種から4~5カ月後に77%から67%まで低下したという。
専門家は、ワクチンの防御効果の低下は想定内だとしている。
複数のブレイクスルー感染(ワクチン接種後の感染)が起きているものの、それでもワクチンは新型ウイルス感染症COVID-19の重症化や死亡リスクから接種者を非常に効果的に守っている。
英イングランド公衆衛生庁(PHE)は、これまでにイングランドで実施されたCOVID-19ワクチン接種事業の結果、約8万4600人の死亡や約2300万人の感染を防ぐことができたと推定している。
今回の研究で用いられた「Zoe Covid Study」アプリの主任研究員、ティム・スペクター教授は、ワクチン接種を完了した人の間でなぜブレイクスルー感染が最近起きているのか、この研究で理由を説明できるかもしれないと述べた。「ワクチンの防御効果の低下は当然予想されることで、ワクチンを接種しない理由にはならない」「ワクチンは依然として、人口の大多数に、特に(感染力の強い)デルタ株に対する高いレベルの防御効果を与えている。ですので、できるだけ多くの人にワクチン接種を完了してもらう必要がある」スペクター教授は、ワクチン接種による防御効果は今冬までに50%まで低下し、ブースター(追加免疫)接種が必要になると予測している。しかしほかの専門家たちは、数カ月先の状況を予測することに注意を促している。<関連記事> FDA、ファイザー製ワクチンを正式承認 アメリカで初めて 新型ウイルスへの免疫、追加する最善の方法は? 新型ウイルスのワクチン、デルタ株にも有効=英大規模研究 WHO、ワクチン追加接種「9月末まで停止」を要請 低所得国の供給不足受け イギリスは来月から一部の人に3回目となるブースター接種の提供を始める予定だが、現在は独立諮問機関の予防接種・免疫合同委員会(JCVI)から推奨を待っている段階だ。スペクター教授は、「多くの人には(ブースター接種は)必要ないかもしれない。すでに新型ウイルスに自然感染し、自然に追加免疫を獲得しているかもしれない。事実上3回のワクチン接種を受けたのと同様になっているかもしれないので」と述べた。「そのため、ただ単純に全員に接種するのではなく、もっと慎重に管理する必要があると思う。(全員接種は)非常にもったいないし、ワクチンの数が限られていることを思えば倫理的にも疑問だ。前回よりも的を絞ったアプローチが必要だと思う」英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
「ワクチンの防御効果の低下は当然予想されることで、ワクチンを接種しない理由にはならない」「ワクチンは依然として、人口の大多数に、特に(感染力の強い)デルタ株に対する高いレベルの防御効果を与えている。ですので、できるだけ多くの人にワクチン接種を完了してもらう必要がある」スペクター教授は、ワクチン接種による防御効果は今冬までに50%まで低下し、ブースター(追加免疫)接種が必要になると予測している。しかしほかの専門家たちは、数カ月先の状況を予測することに注意を促している。<関連記事> FDA、ファイザー製ワクチンを正式承認 アメリカで初めて 新型ウイルスへの免疫、追加する最善の方法は? 新型ウイルスのワクチン、デルタ株にも有効=英大規模研究 WHO、ワクチン追加接種「9月末まで停止」を要請 低所得国の供給不足受け イギリスは来月から一部の人に3回目となるブースター接種の提供を始める予定だが、現在は独立諮問機関の予防接種・免疫合同委員会(JCVI)から推奨を待っている段階だ。スペクター教授は、「多くの人には(ブースター接種は)必要ないかもしれない。すでに新型ウイルスに自然感染し、自然に追加免疫を獲得しているかもしれない。事実上3回のワクチン接種を受けたのと同様になっているかもしれないので」と述べた。「そのため、ただ単純に全員に接種するのではなく、もっと慎重に管理する必要があると思う。(全員接種は)非常にもったいないし、ワクチンの数が限られていることを思えば倫理的にも疑問だ。前回よりも的を絞ったアプローチが必要だと思う」英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
「ワクチンは依然として、人口の大多数に、特に(感染力の強い)デルタ株に対する高いレベルの防御効果を与えている。ですので、できるだけ多くの人にワクチン接種を完了してもらう必要がある」スペクター教授は、ワクチン接種による防御効果は今冬までに50%まで低下し、ブースター(追加免疫)接種が必要になると予測している。しかしほかの専門家たちは、数カ月先の状況を予測することに注意を促している。<関連記事> FDA、ファイザー製ワクチンを正式承認 アメリカで初めて 新型ウイルスへの免疫、追加する最善の方法は? 新型ウイルスのワクチン、デルタ株にも有効=英大規模研究 WHO、ワクチン追加接種「9月末まで停止」を要請 低所得国の供給不足受け イギリスは来月から一部の人に3回目となるブースター接種の提供を始める予定だが、現在は独立諮問機関の予防接種・免疫合同委員会(JCVI)から推奨を待っている段階だ。スペクター教授は、「多くの人には(ブースター接種は)必要ないかもしれない。すでに新型ウイルスに自然感染し、自然に追加免疫を獲得しているかもしれない。事実上3回のワクチン接種を受けたのと同様になっているかもしれないので」と述べた。「そのため、ただ単純に全員に接種するのではなく、もっと慎重に管理する必要があると思う。(全員接種は)非常にもったいないし、ワクチンの数が限られていることを思えば倫理的にも疑問だ。前回よりも的を絞ったアプローチが必要だと思う」英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
スペクター教授は、ワクチン接種による防御効果は今冬までに50%まで低下し、ブースター(追加免疫)接種が必要になると予測している。しかしほかの専門家たちは、数カ月先の状況を予測することに注意を促している。<関連記事> FDA、ファイザー製ワクチンを正式承認 アメリカで初めて 新型ウイルスへの免疫、追加する最善の方法は? 新型ウイルスのワクチン、デルタ株にも有効=英大規模研究 WHO、ワクチン追加接種「9月末まで停止」を要請 低所得国の供給不足受け イギリスは来月から一部の人に3回目となるブースター接種の提供を始める予定だが、現在は独立諮問機関の予防接種・免疫合同委員会(JCVI)から推奨を待っている段階だ。スペクター教授は、「多くの人には(ブースター接種は)必要ないかもしれない。すでに新型ウイルスに自然感染し、自然に追加免疫を獲得しているかもしれない。事実上3回のワクチン接種を受けたのと同様になっているかもしれないので」と述べた。「そのため、ただ単純に全員に接種するのではなく、もっと慎重に管理する必要があると思う。(全員接種は)非常にもったいないし、ワクチンの数が限られていることを思えば倫理的にも疑問だ。前回よりも的を絞ったアプローチが必要だと思う」英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
<関連記事> FDA、ファイザー製ワクチンを正式承認 アメリカで初めて 新型ウイルスへの免疫、追加する最善の方法は? 新型ウイルスのワクチン、デルタ株にも有効=英大規模研究 WHO、ワクチン追加接種「9月末まで停止」を要請 低所得国の供給不足受け イギリスは来月から一部の人に3回目となるブースター接種の提供を始める予定だが、現在は独立諮問機関の予防接種・免疫合同委員会(JCVI)から推奨を待っている段階だ。スペクター教授は、「多くの人には(ブースター接種は)必要ないかもしれない。すでに新型ウイルスに自然感染し、自然に追加免疫を獲得しているかもしれない。事実上3回のワクチン接種を受けたのと同様になっているかもしれないので」と述べた。「そのため、ただ単純に全員に接種するのではなく、もっと慎重に管理する必要があると思う。(全員接種は)非常にもったいないし、ワクチンの数が限られていることを思えば倫理的にも疑問だ。前回よりも的を絞ったアプローチが必要だと思う」英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
イギリスは来月から一部の人に3回目となるブースター接種の提供を始める予定だが、現在は独立諮問機関の予防接種・免疫合同委員会(JCVI)から推奨を待っている段階だ。スペクター教授は、「多くの人には(ブースター接種は)必要ないかもしれない。すでに新型ウイルスに自然感染し、自然に追加免疫を獲得しているかもしれない。事実上3回のワクチン接種を受けたのと同様になっているかもしれないので」と述べた。「そのため、ただ単純に全員に接種するのではなく、もっと慎重に管理する必要があると思う。(全員接種は)非常にもったいないし、ワクチンの数が限られていることを思えば倫理的にも疑問だ。前回よりも的を絞ったアプローチが必要だと思う」英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
スペクター教授は、「多くの人には(ブースター接種は)必要ないかもしれない。すでに新型ウイルスに自然感染し、自然に追加免疫を獲得しているかもしれない。事実上3回のワクチン接種を受けたのと同様になっているかもしれないので」と述べた。「そのため、ただ単純に全員に接種するのではなく、もっと慎重に管理する必要があると思う。(全員接種は)非常にもったいないし、ワクチンの数が限られていることを思えば倫理的にも疑問だ。前回よりも的を絞ったアプローチが必要だと思う」英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
「そのため、ただ単純に全員に接種するのではなく、もっと慎重に管理する必要があると思う。(全員接種は)非常にもったいないし、ワクチンの数が限られていることを思えば倫理的にも疑問だ。前回よりも的を絞ったアプローチが必要だと思う」英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
英レディング大学の微生物学の専門家、サイモン・クラーク博士は、地域社会での感染レベルによって、新型ウイルスに遭遇して感染する可能性は異なるため、免疫力の低下について確固たる結論を出すのは難しいとしている。同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
同じくレディング大学のアレクサンダー・エドワーズ博士は、いつ、誰に対してブースター接種が必要なのかを理解するのが重要だと述べた。「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
「ワクチンを接種したからといって、当然のことながら無敵になるわけではないし、すべての感染を防ぐわけでもない。変異株は公衆衛生に実際に大きな影響を与えており、イギリスではいまだに大勢がこの厄介なウイルスに感染して死亡するという悲惨な状況にある」「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
「我々が手にしているワクチンは驚くほど安全で効果的だ。そして、大きな効果をもたらす他のワクチンよりもはるかに優れている」さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
さらに、「我々は防御効果が不完全で、時間の経過とともに防御効果が低下する可能性を考慮し、公衆衛生戦略を積極的に練らなければならない」と付け加えた。英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
英国家統計局(ONS)とオックスフォード・ワクチン・グループも先週、同様の研究結果を発表した。この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
この研究で、イギリスでデルタ株に感染した約40万人のPCR検査の結果を調べたところ、有症状の感染について、ファイザー製の2回の接種では90%以上、アストラゼネカ製では70%程度の効果があることがわかった。ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
ところがその後3カ月の間に、ファイザー製の防御力に著しい低下がみられた一方、アストラゼネカ製による免疫はファイザー製より安定していた。英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
英政府のワクチン顧問を務めるアダム・フィン教授は、他の研究では、ワクチンが重症化や入院を防ぐ優れた効果を維持していることが示されたと説明した。一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
一方で、「軽い症状に対するワクチンの効果が薄れ、より重い症状の発症につながるようなことがないか、注意深く見守る必要があある。もしそうなれば、ブースター接種が必要になるだろう」と述べた。(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)
(英語記事 Covid protection in double-jabbed waning in UK)