逼迫の医療現場“命の選別始まる”との声も

今、全国では、医療が急速にひっ迫し「災害レベル」になっています。現場の医師からは、「命の選別」が始まっている現実を知ってほしい、という声が上がっています。
◇◇◇
■“5回連絡”しても応答なく…自宅療養中に容体急変
厚生労働省によりますと、24日時点の全国の新型コロナウイルスの重症者数は、1964人でした。前日の1935人から29人増え、13日連続で過去最多を更新しました。2000人に迫る水準です。また、24日亡くなった方は、全国で42人が確認されました。
こうした中で、24日も明らかになったのが、自宅で療養中に容体が急変し、亡くなるという事例です。
千葉の1人暮らしの60代男性は、今月上旬に発熱などの症状があり、感染が確認されました。医師の判断で自宅療養となりましたが、13日になって「熱が下がらない」と訴えたため、保健所が酸素を測るパルスオキシメーターを貸し出しました。
しかし、その3日後の16日、保健所が5回連絡したものの応答がなく、翌日も連絡がつかなかったため119番通報しました。救急隊が自宅に駆けつけましたが、その場で死亡が確認されたということです。
■ベッド数増えても…“患者の急増”に追いつかない25日、国会で政府分科会の尾身会長から、以下のような指摘がありました。政府分科会・尾身会長「去年から、ほぼ2倍ぐらいベッド数が増えているわけですけど、感染拡大のスピードが極めて速くてですね。今の医療のキャパシティーの強化が、感染拡大のスピードに追いついていないために、自宅待機をしている中で亡くなる方も出てきてる、というような状況だと、私は思っております」ベッド数が増えても患者の急増に追いつかない、という現実は、数字にも表れています。東京消防庁によりますと、東京都内では今月16日から22日までの1週間で、1983件の新型コロナ感染の「救急要請」がありましたが、そのうち1160件が「不救護」でした。つまり、救急車を呼んでも病院に搬送されなかったことがわかりました。実に、およそ6割にのぼります。さらに、「搬送できた」事例でも、コロナ流行前は平均38分で病院まで到着していたものが、現在はコロナで救急車を呼んだうち、およそ9割の728件が1時間以上かかっています。このうち103件は5時間以上かかったということです。京都の医師たちは、「色」で危機感を伝えています。今月17日に、京都大学医学部付属病院がホームページに掲載したのは、背景が「黄色一色」の文書でした。「新型コロナウイルス感染症拡大による医療のひっ迫について」とのタイトルで、コロナの重症患者を受け入れる13の病院長らが連名で出しました。23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
25日、国会で政府分科会の尾身会長から、以下のような指摘がありました。政府分科会・尾身会長「去年から、ほぼ2倍ぐらいベッド数が増えているわけですけど、感染拡大のスピードが極めて速くてですね。今の医療のキャパシティーの強化が、感染拡大のスピードに追いついていないために、自宅待機をしている中で亡くなる方も出てきてる、というような状況だと、私は思っております」ベッド数が増えても患者の急増に追いつかない、という現実は、数字にも表れています。東京消防庁によりますと、東京都内では今月16日から22日までの1週間で、1983件の新型コロナ感染の「救急要請」がありましたが、そのうち1160件が「不救護」でした。つまり、救急車を呼んでも病院に搬送されなかったことがわかりました。実に、およそ6割にのぼります。さらに、「搬送できた」事例でも、コロナ流行前は平均38分で病院まで到着していたものが、現在はコロナで救急車を呼んだうち、およそ9割の728件が1時間以上かかっています。このうち103件は5時間以上かかったということです。京都の医師たちは、「色」で危機感を伝えています。今月17日に、京都大学医学部付属病院がホームページに掲載したのは、背景が「黄色一色」の文書でした。「新型コロナウイルス感染症拡大による医療のひっ迫について」とのタイトルで、コロナの重症患者を受け入れる13の病院長らが連名で出しました。23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
政府分科会・尾身会長「去年から、ほぼ2倍ぐらいベッド数が増えているわけですけど、感染拡大のスピードが極めて速くてですね。今の医療のキャパシティーの強化が、感染拡大のスピードに追いついていないために、自宅待機をしている中で亡くなる方も出てきてる、というような状況だと、私は思っております」ベッド数が増えても患者の急増に追いつかない、という現実は、数字にも表れています。東京消防庁によりますと、東京都内では今月16日から22日までの1週間で、1983件の新型コロナ感染の「救急要請」がありましたが、そのうち1160件が「不救護」でした。つまり、救急車を呼んでも病院に搬送されなかったことがわかりました。実に、およそ6割にのぼります。さらに、「搬送できた」事例でも、コロナ流行前は平均38分で病院まで到着していたものが、現在はコロナで救急車を呼んだうち、およそ9割の728件が1時間以上かかっています。このうち103件は5時間以上かかったということです。京都の医師たちは、「色」で危機感を伝えています。今月17日に、京都大学医学部付属病院がホームページに掲載したのは、背景が「黄色一色」の文書でした。「新型コロナウイルス感染症拡大による医療のひっ迫について」とのタイトルで、コロナの重症患者を受け入れる13の病院長らが連名で出しました。23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
「去年から、ほぼ2倍ぐらいベッド数が増えているわけですけど、感染拡大のスピードが極めて速くてですね。今の医療のキャパシティーの強化が、感染拡大のスピードに追いついていないために、自宅待機をしている中で亡くなる方も出てきてる、というような状況だと、私は思っております」ベッド数が増えても患者の急増に追いつかない、という現実は、数字にも表れています。東京消防庁によりますと、東京都内では今月16日から22日までの1週間で、1983件の新型コロナ感染の「救急要請」がありましたが、そのうち1160件が「不救護」でした。つまり、救急車を呼んでも病院に搬送されなかったことがわかりました。実に、およそ6割にのぼります。さらに、「搬送できた」事例でも、コロナ流行前は平均38分で病院まで到着していたものが、現在はコロナで救急車を呼んだうち、およそ9割の728件が1時間以上かかっています。このうち103件は5時間以上かかったということです。京都の医師たちは、「色」で危機感を伝えています。今月17日に、京都大学医学部付属病院がホームページに掲載したのは、背景が「黄色一色」の文書でした。「新型コロナウイルス感染症拡大による医療のひっ迫について」とのタイトルで、コロナの重症患者を受け入れる13の病院長らが連名で出しました。23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
ベッド数が増えても患者の急増に追いつかない、という現実は、数字にも表れています。東京消防庁によりますと、東京都内では今月16日から22日までの1週間で、1983件の新型コロナ感染の「救急要請」がありましたが、そのうち1160件が「不救護」でした。つまり、救急車を呼んでも病院に搬送されなかったことがわかりました。実に、およそ6割にのぼります。さらに、「搬送できた」事例でも、コロナ流行前は平均38分で病院まで到着していたものが、現在はコロナで救急車を呼んだうち、およそ9割の728件が1時間以上かかっています。このうち103件は5時間以上かかったということです。京都の医師たちは、「色」で危機感を伝えています。今月17日に、京都大学医学部付属病院がホームページに掲載したのは、背景が「黄色一色」の文書でした。「新型コロナウイルス感染症拡大による医療のひっ迫について」とのタイトルで、コロナの重症患者を受け入れる13の病院長らが連名で出しました。23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
東京消防庁によりますと、東京都内では今月16日から22日までの1週間で、1983件の新型コロナ感染の「救急要請」がありましたが、そのうち1160件が「不救護」でした。つまり、救急車を呼んでも病院に搬送されなかったことがわかりました。実に、およそ6割にのぼります。さらに、「搬送できた」事例でも、コロナ流行前は平均38分で病院まで到着していたものが、現在はコロナで救急車を呼んだうち、およそ9割の728件が1時間以上かかっています。このうち103件は5時間以上かかったということです。京都の医師たちは、「色」で危機感を伝えています。今月17日に、京都大学医学部付属病院がホームページに掲載したのは、背景が「黄色一色」の文書でした。「新型コロナウイルス感染症拡大による医療のひっ迫について」とのタイトルで、コロナの重症患者を受け入れる13の病院長らが連名で出しました。23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
さらに、「搬送できた」事例でも、コロナ流行前は平均38分で病院まで到着していたものが、現在はコロナで救急車を呼んだうち、およそ9割の728件が1時間以上かかっています。このうち103件は5時間以上かかったということです。京都の医師たちは、「色」で危機感を伝えています。今月17日に、京都大学医学部付属病院がホームページに掲載したのは、背景が「黄色一色」の文書でした。「新型コロナウイルス感染症拡大による医療のひっ迫について」とのタイトルで、コロナの重症患者を受け入れる13の病院長らが連名で出しました。23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
京都の医師たちは、「色」で危機感を伝えています。今月17日に、京都大学医学部付属病院がホームページに掲載したのは、背景が「黄色一色」の文書でした。「新型コロナウイルス感染症拡大による医療のひっ迫について」とのタイトルで、コロナの重症患者を受け入れる13の病院長らが連名で出しました。23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
23日になって出した新たな文書は、「真っ赤」になりました。タイトルも「災害レベルに達した」との文言が追加され、「医療のひっ迫」も「医療の危機」に変わりました。内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
内容は「この災害級の医療の危機に対応するために」、ICUでの管理が必要な、たとえば心臓血管の手術や、難易度の高い食道がんの手術などについては、「緊急性の高いものを除いて、ほとんど停止を余儀なくされつつあります」というものでした。そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
そして、「みなさまへのお願い」として、「デパートやスーパー等での買い物のような日常の外出の後にも感染の発症がみられるようになってきています」、「外出そのものを可能な限り少なくしないと感染拡大は止まりません」と訴えました。病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声
病院に取材すると、より強いメッセージを発出したのは、自分を守り、家族や大事な人を守る行動をしてほしいという思いからだということでした。■「今COVIDになったら死を覚悟」…現場から声

そして、東京都では、現場の医師から「命の選別」も始まっているとの声が出ています。
東京都の「入院調整本部」にいる民間の医師から、日本テレビの「news zero」にメールが届きました。この医師は、毎日患者を受け入れられる病院のベッド数と、入院を待つ患者を確認して「誰を」、「どこに」、入院させるか、つまり、「トリアージ」、救う人と、救えないかもしれない人の選別を迫られています。
メールには、「調整本部に上がる調整は1000件ほど」、「この選別、トリアージをどんな思いでしなければいけないか」、「誰が勝手に優先順位をつけられるんだ。それも人の命の」とありました。まずは、もうこんなトリアージをする必要があるんだと、多くの人に知ってほしいとしています。
その上で、「『しんどい大変だ』ということを言いたいわけではありません。どこも皆同じように大変です。」、「家族が希望すればなんであろうが集中治療を行うのが日本です。今は本人や家族が望んでも治療の見込みが薄い人は治療を断念する」ということです。
病院に対しても「『自分たちの所は重症みられないから』「第4波まではそれで良かったかもしれないけど、自分たちで出来ることを1個でも増やして」と、1床でも病床を増やし、最大限の治療を行う必要性を訴えています。最後に、「今COVIDになったら死を覚悟しなくちゃ。病院に行けたらラッキー。酸素があるだけ幸せです。これを知ってほしい」との呼びかけがありました。こうした医師たちの危機感を、私たちも共有しないといけないのではないでしょうか。2021年8月25日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より。
最後に、「今COVIDになったら死を覚悟しなくちゃ。病院に行けたらラッキー。酸素があるだけ幸せです。これを知ってほしい」との呼びかけがありました。こうした医師たちの危機感を、私たちも共有しないといけないのではないでしょうか。2021年8月25日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より。
こうした医師たちの危機感を、私たちも共有しないといけないのではないでしょうか。2021年8月25日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より。