バッハ会長は国民感情に配慮を 西村担当相、再来日巡り

衆院議運委で、答弁のため挙手する西村経済再生相=25日午後
西村康稔経済再生担当相は25日の衆院議院運営委員会で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長再来日に関し「国民感情に与える影響に配慮した対応を私の立場からお願いしていきたい」と述べた。国民にテレワークや外出自粛を要請する一方で、東京パラリンピック開会式出席のための再来日は理解が得られないとする指摘に答えた。
立憲民主党の大西健介氏は、バッハ氏が入国後3日間の隔離措置なしで活動している点も批判。西村氏は「厳格な枠組みの下で対応したと聞いている」と理解を求めた。