学校での対策徹底を提言、感染研 換気励行し体育祭など中止検討を

仙台市の中心部を行き交う人たち=25日午後
国立感染症研究所は25日、新型コロナウイルスでインド由来の感染力が強いデルタ株の流行以降、10代以下の感染者数が増加傾向にあるとして、保育所や小中学校、高校、大学での感染防止対策を徹底するよう提言した。厚労省に対策を助言する専門家組織が開いた会合で示した。
提言では、子どもや職員に対する体調の確認を徹底し、教室や通学バスでは換気の励行を求めた。文化祭や体育祭など密になりやすい行事は延期や中止を検討し、部活動などで遠征する際には、出発前3日以内にPCR検査や抗原検査を受けることが望ましいとした。健康上の理由がなければ教職員はワクチンを接種するよう勧めた。