「真あじ」パックにフグ混入、愛知のスーパー回収始める

バロー(本部=岐阜県多治見市)は25日、愛知県内の「スーパーマーケットバロー」蟹江店と新城店で、23日に販売した「真あじ(小)」のパックにシロサバフグが混入していたと発表した。
ともに購入者の指摘で判明し、健康被害の情報はないという。
一般の消費者に未処理のフグを販売することは禁止されており、岐阜県などが商品を食べずに返品するよう呼びかけている。同社は愛知、岐阜、三重、石川各県の計111店舗で、22~24日に販売した計1110パックと、対面販売分の真アジを自主回収している。
対象商品のパックは「真あじ(小)」(JANコードの左から6桁が2020329で始まるもの)。問い合わせは購入店か同社お客様相談室(0120・81・3786)。