緊急事態宣言、8道県を追加 まん延防止4県も、27日から

札幌市内の地下街で、新型コロナウイルス感染症への警戒を呼びかける電光掲示=25日午後
菅義偉首相は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を開き、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県について緊急事態宣言の対象地域に追加すると決定した。まん延防止等重点措置は高知、佐賀、長崎、宮崎の4県に追加適用する。いずれも27日から9月12日まで。感染力の強いデルタ株の猛威の影響により、子どもの感染が急増していることから小中学校での検査体制も強化する。
北海道など8道県はいずれも重点措置を適用中で、格上げの形となる。宣言は21都道府県、重点措置は12県にそれぞれ拡大。47都道府県の約7割で行動制限の措置が取られることになる。