“宣言”に8道県追加へ「自粛しないとダメだなと」

全国的な感染拡大のなか、政府は、緊急事態宣言の対象にさらに8道県を追加することを、この後、正式決定します。一方、重症化予防の切り札と期待される「抗体カクテル療法」で新たなモデルが始まります。
“緊急事態”は、全国に広がりつつあります。
行楽日和にもかかわらず、人もまばらな伊勢神宮近くのおかげ横丁。27日から全面休業することを決めました。
おかげ横丁の運営会社・広報担当:「観光地の一つでたくさん客が来る場所なので、休業することで人の流れが抑えられたら」
観光客:「自粛しないと駄目だなと」「(全面休業は)やり過ぎという面もあるが、それをしないと良い方向に転がるのか悪い方向に転がるのか分からないですけど」
事態が好転するのを、ただ祈るばかりです。
おかげ横丁の運営会社・広報担当:「例年だと8月は夏休みで家族連れでにぎわう。気兼ねなしに伊勢に来て楽しんで頂ける日が一日も早く訪れるといい」
西村経済再生担当大臣:「政府案について了解を頂きました」
6都府県で始まった緊急事態宣言。その対象地域は徐々に増え、新たに三重県など8道県を追加する方針を固めました。これで、緊急事態宣言とまん延防止措置の対象地域は33都道府県に拡大されます。 立憲民主党・安住国対委員長:「悲鳴が上がったことについて仕方ないからやりましょうと。追認追認で来たんじゃないんですか。小出し小出しで来たからこんな有り様になるんです」 尾身会長は、国会の在り方にも言及しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「今こういう時期ですから、国会の議論もできる範囲でテレワーク、オンラインですね。それでやるとメッセージになる」 その国会では、通常通りの形式で対決姿勢を強めています。 立憲民主党・長妻議員:「臨時の医療施設にしても宿泊療養施設にしても、初動が遅かったんじゃないですか」 田村厚生労働大臣:「確かに専門家の先生方も色んな予想されるなかで、それよりも速いペースでデルタ株が広がっている」 その専門家は、楽観的だったのは政府だと苦言を呈しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
立憲民主党・安住国対委員長:「悲鳴が上がったことについて仕方ないからやりましょうと。追認追認で来たんじゃないんですか。小出し小出しで来たからこんな有り様になるんです」 尾身会長は、国会の在り方にも言及しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「今こういう時期ですから、国会の議論もできる範囲でテレワーク、オンラインですね。それでやるとメッセージになる」 その国会では、通常通りの形式で対決姿勢を強めています。 立憲民主党・長妻議員:「臨時の医療施設にしても宿泊療養施設にしても、初動が遅かったんじゃないですか」 田村厚生労働大臣:「確かに専門家の先生方も色んな予想されるなかで、それよりも速いペースでデルタ株が広がっている」 その専門家は、楽観的だったのは政府だと苦言を呈しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
尾身会長は、国会の在り方にも言及しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「今こういう時期ですから、国会の議論もできる範囲でテレワーク、オンラインですね。それでやるとメッセージになる」 その国会では、通常通りの形式で対決姿勢を強めています。 立憲民主党・長妻議員:「臨時の医療施設にしても宿泊療養施設にしても、初動が遅かったんじゃないですか」 田村厚生労働大臣:「確かに専門家の先生方も色んな予想されるなかで、それよりも速いペースでデルタ株が広がっている」 その専門家は、楽観的だったのは政府だと苦言を呈しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
政府の分科会・尾身茂会長:「今こういう時期ですから、国会の議論もできる範囲でテレワーク、オンラインですね。それでやるとメッセージになる」 その国会では、通常通りの形式で対決姿勢を強めています。 立憲民主党・長妻議員:「臨時の医療施設にしても宿泊療養施設にしても、初動が遅かったんじゃないですか」 田村厚生労働大臣:「確かに専門家の先生方も色んな予想されるなかで、それよりも速いペースでデルタ株が広がっている」 その専門家は、楽観的だったのは政府だと苦言を呈しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
その国会では、通常通りの形式で対決姿勢を強めています。 立憲民主党・長妻議員:「臨時の医療施設にしても宿泊療養施設にしても、初動が遅かったんじゃないですか」 田村厚生労働大臣:「確かに専門家の先生方も色んな予想されるなかで、それよりも速いペースでデルタ株が広がっている」 その専門家は、楽観的だったのは政府だと苦言を呈しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
立憲民主党・長妻議員:「臨時の医療施設にしても宿泊療養施設にしても、初動が遅かったんじゃないですか」 田村厚生労働大臣:「確かに専門家の先生方も色んな予想されるなかで、それよりも速いペースでデルタ株が広がっている」 その専門家は、楽観的だったのは政府だと苦言を呈しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
田村厚生労働大臣:「確かに専門家の先生方も色んな予想されるなかで、それよりも速いペースでデルタ株が広がっている」 その専門家は、楽観的だったのは政府だと苦言を呈しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
その専門家は、楽観的だったのは政府だと苦言を呈しています。 政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
政府の分科会・尾身茂会長:「専門家の分析よりは(政府は)時々、やや楽観的な状況分析をしたのではないか」 新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
新たな切り札と期待される“抗体カクテル療法“。厚生労働省は、外来の患者にも使用を認める方向で調整しています。 田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
田村厚生労働大臣:「外来で投与して自宅に帰ってもらうという形。早急に結論を出したうえで対応していきたい」 大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
大阪では、新たなモデルが始まります。 大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
大阪府・吉村知事:「抗体カクテルセンターをつくって、そこでホテル療養者にやっていくことを開始する」 宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」
宿泊療養施設の一つで「抗体カクテル投与室」の運用を始めます。重症化を予防し、中等症病床の逼迫(ひっぱく)を軽減させる狙いです。26日から始め、一日20人程度の患者を受け入れる予定です。 大阪府・吉村知事:「カクテルセンターで投与したうえで上層階が宿泊療養施設になるから、そこに入ってもらうというスキームで進める。26日木曜日から運用を開始します」