30以上の医療機関から断られ… 救急要請のコロナ疑い男性が死亡

千葉・市川市で救急要請をした男性が、30施設以上の医療機関から受け入れを断られ、その後、搬送された病院で死亡していたことがわかった。
8月18日午後9時すぎ、市川市内に住む62歳の男性の弟から「兄が倒れていて意識がない」と消防に通報があった。
男性は39度近くの高熱があったため、新型コロナウイルスの感染も疑い、受け入れ先の医療機関を探したが、30施設以上から断られ、通報からおよそ4時間後に50km離れた県内の病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。
市川市消防局は「医療機関が逼迫(ひっぱく)している中、特にコロナ感染の疑いがある患者の搬送先を探すのは困難な状況」と話している。