福岡・商業施設刺殺 被害者の母「悔しくて悲しくて苦しい1年」

福岡市中央区の大型商業施設で2020年8月に同市のアルバイト、吉松弥里(みさと)さん(当時21歳)が刺殺された事件が28日で発生から1年となるのを前に、吉松さんの母親が26日、代理人弁護士を通じてコメントを発表した。母親は、殺人罪で起訴された当時中学生の少年(16)に厳罰を求めるとともに「娘の気持ちを想像すると、心が苦しく、悔しさと怒りをどこに向けていいのか分からない」と癒えぬ悲しみを訴えた。
「娘と同じ目に遭わせたい。でも…」 遺族が苦悩明かす
母親のコメントは便箋2枚に手書きでつづられている。「時間が止まってしまったかのようにあの日のことが頭に浮かび、娘が生まれた日のことや、幼いころの成長過程を思い出し、悔しくて、悲しくて、苦しくなる長い1年だった」。冒頭に触れたのは娘とのかけがえのない思い出だった。
少年は、少年院を仮退院後、入所した更生保護施設を抜け出して商業施設内で盗んだ包丁で吉松さんを襲ったとされる。母親は「なぜ更生保護施設に移したのか」「商業施設の刃物の管理はどうなっていたのか」との疑問が消えず、眠れぬ日々を過ごしているという。
母親は「娘は、明るく楽しくて、友達も多く、本当に人から好かれる性格で、家族のことをいつも思ってくれていた」と娘を思い、最愛の娘を失ったことは「出会うはずだった娘の旦那さん、生まれてくるはずの孫たちまでも奪われた気持ちで、絶対に許せない」と憤る。 そして、失意の日々を娘の友人らが支えてくれているとし「泣いてばかりだと娘から『しっかりしなさい!』と叱られる気がして、何とか気持ちを落ち着かせている」と明かした。 事件は20年8月28日午後7時ごろ、中央区の商業施設「MARK IS(マークイズ)福岡ももち」で起きた。現場で刃物を持っていたとして銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された少年は家裁送致後、殺人などの非行内容で検察官送致(逆送)され、21年1月に福岡地検が殺人罪などで起訴した。成人と同様、裁判員裁判で審理される見通しだ。【中里顕】
そして、失意の日々を娘の友人らが支えてくれているとし「泣いてばかりだと娘から『しっかりしなさい!』と叱られる気がして、何とか気持ちを落ち着かせている」と明かした。 事件は20年8月28日午後7時ごろ、中央区の商業施設「MARK IS(マークイズ)福岡ももち」で起きた。現場で刃物を持っていたとして銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された少年は家裁送致後、殺人などの非行内容で検察官送致(逆送)され、21年1月に福岡地検が殺人罪などで起訴した。成人と同様、裁判員裁判で審理される見通しだ。【中里顕】
事件は20年8月28日午後7時ごろ、中央区の商業施設「MARK IS(マークイズ)福岡ももち」で起きた。現場で刃物を持っていたとして銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された少年は家裁送致後、殺人などの非行内容で検察官送致(逆送)され、21年1月に福岡地検が殺人罪などで起訴した。成人と同様、裁判員裁判で審理される見通しだ。【中里顕】