愛知・大村知事「衝撃的な数字だ」 東海3県、感染者最多更新

政府が緊急事態宣言の対象に27日から東海3県を加えると決定したことを受け、各県は25日、宣言下での対応を次々に発表した。愛知県の大村秀章知事は25日付で、コロナ患者を受け入れる医療機関に対し、緊急ではない入院と手術を2カ月程度延期するよう文書で要請した。県が一般診療の制限を医療機関に要請するのは初めてのことだ。
何が違うのか デルタ株「最強」の理由
東海3県で25日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者は2628人で、過去最多だった24日から287人増加して最多を更新し、この地方でも感染の急拡大が止まらない。うち名古屋市は24日から99人増えて654人と過去最多となり、愛知県全体でも1815人と最多に。岐阜県は最多タイの382人だ。大村知事は記者会見で「想定を超えており驚き。衝撃的な数字だ」と警戒を示した。
愛知県は緊急事態宣言に伴い、「まん延防止等重点措置」の対象区域に出されている飲食店への午後8時までの営業時間短縮と酒類の提供停止や、大規模商業施設への午後8時までの時短営業と入場制限などの要請を県全域に拡大する。小中高校には時差登校や分散登校の積極的な取り入れ、オンライン学習の支援、修学旅行など校外行事の中止などを求める。
三重県は、県内全域で酒やカラオケを提供する飲食店や結婚式場などに休業を要請し、提供しない店などにも午後8時までの時短営業を求めることを決めた。結婚式は1時間半以内とし、出席者も50人までか収容定員の50%以下のいずれか少ない方にするよう協力を依頼する。特に午後8時以降は外出自粛を求め、事業者にも出勤者の7割減と午後8時以降の勤務抑制を要請する。
分散登校を決めていた県立学校では、オンライン学習などによる在宅学習へ早急に移行させる。部活動は中止とし、公式戦は原則中止または延期とする。鈴木英敬知事は「昨年の全国一律の宣言とは異なり、今回は県内の感染拡大による発令だ。何とか爆発的な感染拡大を食い止めていきたい」と話した。 岐阜県は緊急事態宣言の対象となったことを受け、県全域で酒類を提供する飲食店に休業を要請するなど対策を強化する。古田肇知事は25日の記者会見で「これまでにないくらい大きな危機感を持って対応に当たりたい」と述べた。 直近1週間(19~25日)の人口10万人当たりの新規感染者数は110・54人で過去最多だ。県が用意しているコロナ患者用病床783床のうち、24日現在で477床が使われており、使用率は60・91%となった。病床のほか、軽症者や無症状者が入所するホテルも逼迫(ひっぱく)しており、県が1年半近く維持してきた感染者の「自宅療養ゼロ」は21日に途切れている。【太田敦子、田中功一、黒詰拓也】
岐阜県は緊急事態宣言の対象となったことを受け、県全域で酒類を提供する飲食店に休業を要請するなど対策を強化する。古田肇知事は25日の記者会見で「これまでにないくらい大きな危機感を持って対応に当たりたい」と述べた。 直近1週間(19~25日)の人口10万人当たりの新規感染者数は110・54人で過去最多だ。県が用意しているコロナ患者用病床783床のうち、24日現在で477床が使われており、使用率は60・91%となった。病床のほか、軽症者や無症状者が入所するホテルも逼迫(ひっぱく)しており、県が1年半近く維持してきた感染者の「自宅療養ゼロ」は21日に途切れている。【太田敦子、田中功一、黒詰拓也】
直近1週間(19~25日)の人口10万人当たりの新規感染者数は110・54人で過去最多だ。県が用意しているコロナ患者用病床783床のうち、24日現在で477床が使われており、使用率は60・91%となった。病床のほか、軽症者や無症状者が入所するホテルも逼迫(ひっぱく)しており、県が1年半近く維持してきた感染者の「自宅療養ゼロ」は21日に途切れている。【太田敦子、田中功一、黒詰拓也】