異物混入疑いのモデルナ製「50万回超接種」 河野大臣

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの異物混入問題をめぐって、河野太郎行政改革相は27日の閣議後会見で、混入の可能性がある163万回分のうち50万回以上が接種済みであることを明らかにした。
「現時点で深刻な安全の問題があることではないようだ」との認識を示した。
接種見合わせに伴う代替品の手当てについて、190会場、35万回分は29日までの希望となっており、河野氏は「配送を調整し、お届けをしているところだ」と説明した。そのうえで、大学や職場へは、予定通りワクチンを配送できる見通しであることも示した。
菅義偉首相が掲げる10~11月の早い時期の希望者への接種完了について、河野氏は「大きな影響が出るというふうには認識していない」と語った。(坂本純也)