小田急刺傷、再逮捕「最初以外覚えてない」

東京の小田急線で乗客が刃物で刺されるなどして女子大学生ら10人が重軽傷を負った事件で、警視庁は、36歳の男を別の乗客の女性に対する殺人未遂の疑いで再逮捕しました。
警視庁によりますと、再逮捕された対馬悠介容疑者は、今月6日、小田急線の車内で、乗客の50代の女性を牛刀で切りつけ殺害しようとした疑いなどがもたれています。女性は脇腹を2か所切られ全治2週間のケガをしました。
この事件では乗客10人が重軽傷を負っていますが、対馬容疑者は、最初に女子大学生を切りつけたあと、同じ車両にいたこの女性を切りつけたということです。