自民総裁選は「コップの中の権力闘争」 立憲・辻元氏

立憲民主党の辻元清美副代表は27日、自民党総裁選について「国民を置いてけぼりにした、コップの中の権力闘争だ。二階(俊博)幹事長をどうするとか、麻生派はどうするなどと派閥の会合ばかり。そんな時間があるなら、国会で新型コロナウイルス対策を議論すべきだ」と強調した。
“菅大敗”で岸田氏に脚光 カギは「二つの支持」
辻元氏は「自宅療養で苦しみのたうち回っている人もいる中で、菅義偉首相は自分の保身、派閥の親分は幹事長狙い」と批判。「自民党議員は選挙にとって首相を代えるのが得か損か、そんなことばかり言っている」と、衆院選の「選挙の顔」選びにまい進する自民の各派閥を皮肉った。【宮原健太】