自動運転のパラ選手村バス、横断歩道渡る柔道選手と接触…全治2週間のけが

東京都中央区晴海の東京パラリンピック選手村で26日、柔道男子の北薗新光(あらみつ)選手(30)が、自動運転中の巡回バスに接触し、頭などに全治2週間のけがを負ったことがわかった。
北薗選手は視覚障害があり、警視庁月島署が詳しい状況を調べている。
月島署幹部によると、北薗選手は26日午後2時頃、選手村の横断歩道を渡っていたところ、右折してきたバスと接触した。バスは食堂や居住棟などを24時間運行する電気自動車で、事故当時、オペレーターが乗っていた。
北薗選手は3大会連続で代表に選ばれ、メダルの有力候補として、28日の男子81キロ級に出場する予定になっている。