モデルナ“異物混入” 製造ラインに原因か

モデルナの新型コロナウイルスワクチンに異物が混入し、一部の使用が中止されている問題で、ワクチンを製造したスペインの医薬品メーカーが、製造ラインに原因がある可能性があるとの声明を発表しました。
ロビ社が26日に発表した声明によりますと、異物が見つかったモデルナのワクチンのロットは日本にのみ納入されているということです。
その上で、この問題は、ロビ社の製造ラインの一つが原因だった可能性があるとしています。ただ、具体的にどのような問題があったかは触れていません。