あおり運転注意され激高、荷台から鉄の棒を取り出して脅す

鉄の棒(長さ約70センチ)で脅したとして、高知県警安芸署は25日、南国市里改田、会社員(68)を暴力行為等処罰法違反の疑いで現行犯逮捕した。
交通トラブルがあったといい、「脅したが、あおり運転はしていない」と供述しているという。
発表によると、会社員は25日午後5時30分頃、安芸市港町の国道55号で、高知市の40歳代男性を鉄の棒を示し、脅した疑い。
同日午後4時40分頃から約50分にわたり、室戸市から安芸市を走行中、会社員のトラックが男性運転の乗用車を追走。男性は車間距離を詰められたり、蛇行運転をされたりしたという。信号待ちで男性が注意したところ、会社員が激高し、荷台から鉄の棒を取り出して近づいてきたため、110番した。