小田急刺傷の容疑者再逮捕へ 「一番切れる包丁使った」

東京都世田谷区を走る小田急線の車内で乗客10人が重軽傷を負った刺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職の対馬悠介容疑者(36)=川崎市多摩区=が、「自宅にあった一番切れ味の良い包丁を使った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。
警視庁は勾留期限の27日、別の乗客に対する殺人未遂と銃刀法違反容疑で再逮捕する方針。
捜査関係者によると、再逮捕容疑は6日午後8時半ごろ、成城学園前―祖師ケ谷大蔵間を走っていた快速急行(10両編成)で、事件を起こすために包丁(刃渡り約20センチ)を所持し、乗客の50代女性を切りつけて殺害しようとしたというもの。女性は腹部あたりにけがを負った。