五輪派遣の警官数人、緊急事態宣言の東京で飲酒会食…腕に焼き肉押し付けられた部下やけど

東京五輪の会場警備などのため派遣されていた香川県警の警察官数人が、緊急事態宣言中の東京都内の焼き肉店で飲酒を伴う会食をしていたことが関係者への取材でわかった。
県警は事実関係を詳しく調べる。
関係者によると、警察官数人は7月中旬、焼き肉店で会食。その席で、30歳代の男性巡査部長が部下の腕に焼いた肉などを押しつけ、軽いやけどを負わせた。巡査部長を含む3人は五輪開幕前に、県内に戻るよう命じられたという。
東京都には7月12日に緊急事態宣言が発令され、酒類を提供する飲食店に休業要請が出ている。