五輪自転車女子レース撮影でドローン飛ばす、男性選手を厳重注意…専用検知器で発見

山梨県道志村と山中湖村がコースの一部となった東京五輪自転車ロードレースで、女子のレースを撮影するために欧州の男性選手が小型無人機(ドローン)を飛ばし、県警の警察官から注意を受けていたことが、大会関係者への取材でわかった。
関係者によると、7月25日に行われた女子のレースで、警備にあたっていた警察官が、山中湖村のコース付近上空を飛ぶドローンを専用の検知器を使って発見。発信元をたどると、村内のホテル近くでドローンを操作している男性を発見した。
男性は前日に行われた男子のレースに出場した欧州の選手で、警察官が厳重に注意すると、「コースを撮りたかった」と釈明したという。選手の通過前で、競技に影響はなかった。
ドローンはテロに悪用される恐れがあるため、県警は専門の部隊をつくり、検知器で発見する訓練を積んで準備していた。