フジロックに最大1億5000万円の補助金判明で「ダサい」の声 ほんこんも参戦

8月20日から22日にかけて新潟県で行われた国内最大級の野外音楽フェス「フジロックフェスティバル」に、経済産業省が最大1億5000万円の補助金を出すことが判明し、SNSは荒れている。
ほんこんは27日に「質問 フジロックは民間で税金なしと仰ってた方いましたが? 国から補助金が有ったとか無かったとか どちらですか?」とツイート。
経産省は制度上は何の問題もないとの見解だが、一部のミュージシャンのこれまでの言動やステージ上で反体制的なパフォーマンスをしたことから、国から補助金をもらっていたことに心情的に納得がいかない人は多かったよう。SNS上では「ダサすぎる」「どこがロックなんだ」などという趣旨の投稿が相次いだ。
昨年のフジロックはコロナ禍で中止となったため、地元の観光産業が大打撃を受けていた。その点も考慮され、今年は開催に踏み切ったが、感染拡大が進む中での行われることには、賛否両論の声が上がっていた。