白金高輪駅“硫酸男”現金数十万円を所持 逃走資金か

地下鉄の駅で男性が硫酸とみられる液体をかけられ重傷を負った事件で、逮捕された男が確保された際、現金数十万円を所持していたことが新たにわかった。
28日に沖縄で逮捕され、身柄を東京に移された花森弘卓容疑者(25)は、その後の調べで、沖縄県で確保された際、現金数十万円が入った封筒を所持していたことが新たにわかった。
警視庁は、花森容疑者が、逃走資金を用意していた可能性があるとみて調べている。
琉球大学時代の知人「普段から何考えているかわからない。周りからちょっと距離を置いて行動している感じ」
花森容疑者は犯行当日の夜、被害者男性(22)の職場近くからあとをつけ、東京・港区高輪の地下鉄の駅で犯行に及んだとみられている。
警視庁は、花森容疑者が何らかの理由で男性を恨み、計画的に犯行に及んだとみて調べている。