コロナ自宅待機の60代女性 死後3日たって発見 千葉・柏

千葉県柏市は30日、新型コロナウイルスに感染して自宅で待機していた市内の60代女性が死後3日程度経過してから発見されたと発表した。女性は、感染判明当初は軽症と診断され、60代の夫と暮らす自宅で待機していた。しかし、夫は屋外で倒れた後に病院に搬送されており、女性の異変に気付くのが遅れた。
自宅療養で命を失わないために必要なこと
柏市によると、女性は今月10日、市内の医療機関で感染が判明し、発熱や腰痛の症状があったものの、軽症と診断されたため、自宅で待機していた。市保健所は11、12、14日に女性の携帯電話に連絡したが、応答はなかった。17日、夫の勤務先から保健所に「13日以降連絡が取れない」と連絡があり、保健所職員と県警柏署員が自宅を訪れたところ、女性は死亡していた。
柏署によると、死亡推定時刻は14日ごろとみられ、死因は分かっていない。一方、夫は14日、自宅の外で倒れているのを通行人が見つけ、病院に搬送されていた。夫は会話ができない状態という。
柏市はこの事案を受け、複数回電話しても連絡が取れない自宅療養者には、消防隊員が安否確認することにした。保健所の担当者は「軽症で同居人がいたので優先度は低かった。結果的にこういう事態になって残念だ」としている。
一方、千葉県は30日、新型コロナ感染が判明した県内の20代男性が自宅待機中の18日に死亡したと発表した。男性は16日に感染が判明。医師が入院の必要はないと判断したため自宅待機していたが、18日に別の場所で暮らす家族から「連絡がつかない」と救急の要請があり、消防が男性宅を訪れたところ、男性は死亡していたという。【橋本利昭、富美月】