平野啓一郎氏、芥川賞受賞・李琴峰さんへの誹謗中傷に怒り「知らなかった。最低だな」

芥川賞作家の平野啓一郎氏が30日までに自身のツイッターを更新。第165回芥川賞を「彼岸花が咲く島」(文學界3月号)で受賞した台湾出身の李琴峰さんが受賞後に自身への誹謗(ひぼう)中傷があったことを明かした一件について、コメントした。
この日、今月27日に行われた芥川・直木賞の贈呈式で李さんが受賞が報じられた後、「おびただしい数の暴言やひぼう中傷。ヘイトスピーチが私のところへ飛んできました」と話し、「反日は出て行け」などの言葉もあったと明かしたという記事を貼り付けた平野氏。
「知らなかった。最低だな」と短い言葉で怒りをあらわにしていた。