枝野代表「明白な憲法違反」 臨時国会見送り方針に

菅政権が、野党が憲法53条に基づいて求めていた臨時国会の召集に応じない方向で調整に入ったことについて、立憲民主党の枝野幸男代表は31日午前、国会内で開かれた党の執行役員会で「召集しないというのは、明白な憲法違反を公言をしている」と批判した。
憲法53条は、衆参両院いずれかの総議員の4分の1以上の求めがあれば、内閣は臨時国会を召集しなければならないと定めている。立憲など野党4党は7月16日、この規定に基づいて、臨時国会の召集を求める要求書を大島理森・衆院議長に提出した。
政府・与党が召集に動かないため、立憲の安住淳国会対策委員長が8月26日には、新型コロナ対策で予備費を積み増す補正予算を通すための臨時国会を来月7~16日に開くよう自民党の森山裕国対委員長に求めたが、政府・与党は応じない方向で、31日午後に森山氏が野党側に伝える予定だ。