渋谷の若者向けワクチン会場 東京都がオンライン抽選に変更

東京都がJR渋谷駅近くに設けた新型コロナウイルスワクチンの若者向け接種会場について、都は現地で抽選券を配布する方式をやめ、オンラインで希望者を募集し、抽選する方針を明らかにした。9月上旬にも運用を始める予定で、詳細は決まり次第公表する。会場に来なくても抽選への参加を可能にすることで、抽選券を求めて早朝から行列ができるのを防ぎたい考え。
「コアリング」に注意 ワクチン混入原因にも
都が8月27日に渋谷区立勤労福祉会館に設置した会場では、予約なしで16~39歳の若者が接種できることから希望者が殺到。先着順だった開設初日は予定より約4時間早い午前8時ごろに受け付けが終了になり、28日は整理券を配ったが希望者が約1キロにわたって行列を作った。【黒川晋史】