<独自>新手口の自動車盗を初摘発 被害総額10億円以上か 兵庫県警

兵庫や大阪などで高級車195台(10億3千万円相当)を盗んだとして、兵庫県警捜査3課が窃盗などの疑いで、堺市堺区、無職、郷敦行容疑者(38)と、さいたま市浦和区、無職、児島敬一容疑者(43)を逮捕、送検していたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。
2人は特殊な端末を車に接続して制御システムをハッキングし、エンジンを始動させる「CAN(キャン)インベーダー」といわれる方法で車を盗んだとみられる。この手口の摘発は、全国で初めてという。
捜査関係者によると、2人は共謀し平成28年4月~今年2月、兵庫や大阪、千葉など17都府県で、駐車場に止めてあったレクサスやアルファード、ヴェルファイアなど高級車の窃盗を繰り返したとして逮捕、送検された。盗んだ車は千葉県内の自動車解体工場に持ち込み、車体番号を加工して転売していたという。
CANインベーダーは、スマートフォンほどの大きさの端末を車の配線に接続してドアロックを解除し、エンジンを動かす手口。いずれも容疑を認め、郷容疑者は「愛知県の自動車盗グループの男から端末をもらった」と供述している。
2人は2月2日、千葉県柏市内の駐車場で、駐車中のレクサス1台(492万円相当)と車内にあった腕時計1個を盗んだとして兵庫県警に逮捕され、同罪で起訴されている。