中学生の背後からいきなり熱湯、両足にやけどさせた男「いたずら心でやった」

愛知県警岡崎署などは30日、名古屋市緑区、職業不詳の男(37)を傷害容疑で再逮捕した。
発表によると、男は3月25日、名古屋市緑区の路上を歩いていた同市の男子中学生(14)の背後から水筒に入った熱湯をかけ、両足に約3週間のやけどを負わせた疑い。「いたずら心でやった」と容疑を認めているという。
男は今年7月、同県岡崎市や名古屋市緑区で、中高生2人に同様の手口でやけどを負わせた疑いで10日に逮捕されていた。同署などは余罪について調べている。