ツイッターで遭遇した面倒なユーザー「フォロワー整理しますと人気者気取り」「気に入らないコメントを晒す」

ガールズちゃんねるには7月、「SNS上で面倒な人」という投稿が寄せられた。スレ主は相互フォローしているユーザーの行動を苦々しく感じているという。その人物は自分の投稿に何の反応もなかった時、「私のツイート面白くないですか?」の投稿を繰り返すため、スレ主は「面倒臭い人だなあ」と感じている。(文:ジャッカル薗部)
「ツイッターって色んな人をフォローしてると見逃す事もあるし、私は自分の独り言程度のものだと思ってるので、全くいいねがつかなくてもたいして気にもしないのですが。SNS上で面倒だなぁと思う人いますか?」
自分の顔は修正かけるのに、他の人の顔はそのままで公開
スレッドには、ツイッターを始めとしたSNSでの困ったエピソードが続々と寄せられている。一部を挙げると、
「許可なく他の人も映っている写真アップする人。大抵自分の部分は修正かけてる」「『ご報告』一般人が何言っとんねん」「けっこうな数のフォロワーがいるインフルエンサーが、気に入らないコメントやDMを晒しあげる行為をするとき面倒くさいと思う」
という感じで、どの意見にも「わかる!」と言いたくなる内容ばかり。他人の顔を全世界に無許可で公開はプライバシーの意識がなさすぎるほか、嫌なリプやDMのスクショを晒して「自分は被害者」と振舞う人も見ていていい気はしない。数ある投稿の中で賛同を集めていたのが、「フォロワー整理します←は?」。「したきゃ勝手にしろだよね。しまいには切られたくない人は いいねくださーいとか何様だよってかんじ」「こんなこと呟くやつはこっちから願い下げ」たしかに人気者気取りで「フォロワーを整理する」、つまりブロ解してフォローを外すとは上から目線な印象だ。「整理」されなかった立場の人は、「面倒だから静かにフォロー外してみました」とその後の対応を明かしている。リプを無視したら「非常識なヤツがいる」とツイートされたほかには、フォロワー集めに必死になるユーザーにウンザリする人も。「自分からフォローしてきた何の面識もない人がいて私もフォローしたら何日か後で外してた。フォロワー欲しいのか知らないけど。あれなんなの 腹立つわ」また、フォロワーの中に「上から目線で苦手なタイプ」の人がいたという人も。関わりたくないため返信されてもスルーしていたところ、そのフォロワーは「非常識なヤツがいる」といった主旨のツイートをしたという。そして、「そいつと絡むのが面倒になったので、アカウント削除しました」と書いている。ツイッターから消える決断をするほど嫌だったのだろう。嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。
他人の顔を全世界に無許可で公開はプライバシーの意識がなさすぎるほか、嫌なリプやDMのスクショを晒して「自分は被害者」と振舞う人も見ていていい気はしない。数ある投稿の中で賛同を集めていたのが、「フォロワー整理します←は?」。「したきゃ勝手にしろだよね。しまいには切られたくない人は いいねくださーいとか何様だよってかんじ」「こんなこと呟くやつはこっちから願い下げ」たしかに人気者気取りで「フォロワーを整理する」、つまりブロ解してフォローを外すとは上から目線な印象だ。「整理」されなかった立場の人は、「面倒だから静かにフォロー外してみました」とその後の対応を明かしている。リプを無視したら「非常識なヤツがいる」とツイートされたほかには、フォロワー集めに必死になるユーザーにウンザリする人も。「自分からフォローしてきた何の面識もない人がいて私もフォローしたら何日か後で外してた。フォロワー欲しいのか知らないけど。あれなんなの 腹立つわ」また、フォロワーの中に「上から目線で苦手なタイプ」の人がいたという人も。関わりたくないため返信されてもスルーしていたところ、そのフォロワーは「非常識なヤツがいる」といった主旨のツイートをしたという。そして、「そいつと絡むのが面倒になったので、アカウント削除しました」と書いている。ツイッターから消える決断をするほど嫌だったのだろう。嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。
数ある投稿の中で賛同を集めていたのが、「フォロワー整理します←は?」。「したきゃ勝手にしろだよね。しまいには切られたくない人は いいねくださーいとか何様だよってかんじ」「こんなこと呟くやつはこっちから願い下げ」たしかに人気者気取りで「フォロワーを整理する」、つまりブロ解してフォローを外すとは上から目線な印象だ。「整理」されなかった立場の人は、「面倒だから静かにフォロー外してみました」とその後の対応を明かしている。リプを無視したら「非常識なヤツがいる」とツイートされたほかには、フォロワー集めに必死になるユーザーにウンザリする人も。「自分からフォローしてきた何の面識もない人がいて私もフォローしたら何日か後で外してた。フォロワー欲しいのか知らないけど。あれなんなの 腹立つわ」また、フォロワーの中に「上から目線で苦手なタイプ」の人がいたという人も。関わりたくないため返信されてもスルーしていたところ、そのフォロワーは「非常識なヤツがいる」といった主旨のツイートをしたという。そして、「そいつと絡むのが面倒になったので、アカウント削除しました」と書いている。ツイッターから消える決断をするほど嫌だったのだろう。嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。
「したきゃ勝手にしろだよね。しまいには切られたくない人は いいねくださーいとか何様だよってかんじ」「こんなこと呟くやつはこっちから願い下げ」
たしかに人気者気取りで「フォロワーを整理する」、つまりブロ解してフォローを外すとは上から目線な印象だ。「整理」されなかった立場の人は、「面倒だから静かにフォロー外してみました」とその後の対応を明かしている。リプを無視したら「非常識なヤツがいる」とツイートされたほかには、フォロワー集めに必死になるユーザーにウンザリする人も。「自分からフォローしてきた何の面識もない人がいて私もフォローしたら何日か後で外してた。フォロワー欲しいのか知らないけど。あれなんなの 腹立つわ」また、フォロワーの中に「上から目線で苦手なタイプ」の人がいたという人も。関わりたくないため返信されてもスルーしていたところ、そのフォロワーは「非常識なヤツがいる」といった主旨のツイートをしたという。そして、「そいつと絡むのが面倒になったので、アカウント削除しました」と書いている。ツイッターから消える決断をするほど嫌だったのだろう。嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。
リプを無視したら「非常識なヤツがいる」とツイートされたほかには、フォロワー集めに必死になるユーザーにウンザリする人も。「自分からフォローしてきた何の面識もない人がいて私もフォローしたら何日か後で外してた。フォロワー欲しいのか知らないけど。あれなんなの 腹立つわ」また、フォロワーの中に「上から目線で苦手なタイプ」の人がいたという人も。関わりたくないため返信されてもスルーしていたところ、そのフォロワーは「非常識なヤツがいる」といった主旨のツイートをしたという。そして、「そいつと絡むのが面倒になったので、アカウント削除しました」と書いている。ツイッターから消える決断をするほど嫌だったのだろう。嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。
ほかには、フォロワー集めに必死になるユーザーにウンザリする人も。「自分からフォローしてきた何の面識もない人がいて私もフォローしたら何日か後で外してた。フォロワー欲しいのか知らないけど。あれなんなの 腹立つわ」また、フォロワーの中に「上から目線で苦手なタイプ」の人がいたという人も。関わりたくないため返信されてもスルーしていたところ、そのフォロワーは「非常識なヤツがいる」といった主旨のツイートをしたという。そして、「そいつと絡むのが面倒になったので、アカウント削除しました」と書いている。ツイッターから消える決断をするほど嫌だったのだろう。嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。
「自分からフォローしてきた何の面識もない人がいて私もフォローしたら何日か後で外してた。フォロワー欲しいのか知らないけど。あれなんなの 腹立つわ」
また、フォロワーの中に「上から目線で苦手なタイプ」の人がいたという人も。関わりたくないため返信されてもスルーしていたところ、そのフォロワーは「非常識なヤツがいる」といった主旨のツイートをしたという。そして、「そいつと絡むのが面倒になったので、アカウント削除しました」と書いている。ツイッターから消える決断をするほど嫌だったのだろう。嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。
そして、「そいつと絡むのが面倒になったので、アカウント削除しました」と書いている。ツイッターから消える決断をするほど嫌だったのだろう。嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。
嫌な気持ちを抱きながらわざわざツイッターを続けることはない。不快なユーザーはミュートやブロックをして、できるだけ快適な使い方をしたい。