愛知県、イベントの詳細報告要求 施設利用禁止、補助金取り消しも

音楽イベント「NAMIMONOGATARI2021」の様子=29日、愛知県常滑市(参加者提供、画像の一部を加工しています)
愛知県は30日、常滑市で29日に開催された野外音楽イベントで酒類が提供されるなど新型コロナウイルス対策が徹底されていなかった問題で、主催した「office keef」(名古屋市)に抗議文を送った。「医療従事者の努力を踏みにじるものだ」と非難し、運営体制や来場者、出演者への対応が十分だったか詳細に報告するよう求めた。
大村秀章知事は「自分たちのやりたいことだけやって後の対処を一切しないというのは大変残念だ」と批判。この会社に今後県施設を利用させないことも決めた。経済産業省はイベントに補助金交付が決まっていたと明らかにした上で、取り消しの可能性があるとした。