ワクチン異物混入に広がる不安 専門家は「異例」、求められる情報開示

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物が混入した問題で、厚生労働省は1日、異物はステンレスであることが分かったと発表した。
接種見合わせとしたロットのワクチンはすでに50万回以上接種されており、因果関係は不明だが、30代の男性2人が当該ワクチンを接種後に死亡している。専門家は「異例の事態」と指摘し、早期の原因究明が不可欠との認識を示す。(花輪理徳、石川有紀)
8月13日、埼玉県の接種センターで使用するモデルナ製ワクチンを点検していた県薬務課の薬剤師、石井公規(こうき)主任(37)が異変に気づいた。天井の蛍光灯にかざすようにワクチンの瓶を底からのぞくと、白く濁った薬液の中に、1ミリもないほどの黒い微粒子。瓶を軽くゆすると、少し浮き上がるように動いた。
この日、石井さんは290個の瓶のうち4つから異物を発見。いずれも小さく、黒かったが、形は異なっていたという。
実は、異物の発見はその前にもあった。埼玉県では6~7月、県が確認した5880個のうち9個から同様の異物を発見。いずれも散発的に見つかっており、1度に複数件が見つかったのは初めてだった。
1週間後の8月20日には、410個の瓶のうち計15個から異物を発見。「おかしいと感じた」と県の担当者は、ワクチンの国内流通を担う武田薬品工業に送付した。
ほかの接種会場からも同様の情報を得て、武田が異物混入が多発していることを認識したのは24日。厚労省の発表は26日だった。厚労省は1日、武田の調査の結果、異物はステンレスであることが分かったと発表した。製造機器の破片で、製造ラインに取り付けられた金属部品の不具合により混入したと考えられ、関係するのは使用見合わせとなっている3ロットのみだとした。厚労省によると、異物混入は茨城、埼玉、東京、岐阜、愛知の5都県の接種会場で、計39本の未使用状態の瓶で確認された。スペインにある工場の同じ製造ラインで作られた3ロット計約163万回分について、使用を見合わせるよう要請。各地で職域接種の中断など、影響が広がった。河野太郎ワクチン担当相は約163万回分のうち、「50万回強は接種済みと把握」と言及。使用見合わせワクチンの3分の1は接種された計算になる。人体への問題はないのか。武田は1日、ステンレスは心臓の人工弁などに使用されているもので、破片が筋肉に注射されても「局所で反応を引き起こす可能性はあるが、医療上のリスクが増大する可能性は低い」との見解を公表した。また、使用見合わせ対象を2回接種後に死亡した30代の男性2人については、接種との因果関係は確認されていないとし、「現時点では偶発的に生じたものと考えられる」との見方を示した。2人はいずれも基礎疾患やアレルギー歴はなかった。沖縄県などでは、使用見合わせ対象外から異物が見つかるケースがあった。厚労省はこのケースは注射器の針を瓶に刺した際、ゴム栓が削り取られ、破片が混入した可能性が高いとする調査結果を発表している。日本ワクチン学会理事で静岡厚生病院(静岡市)の田中敏博医師は、「一般的に海外製だとしても出荷前検品がされるはず。異物混入は聞いたことがない」と話す。学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。
厚労省は1日、武田の調査の結果、異物はステンレスであることが分かったと発表した。製造機器の破片で、製造ラインに取り付けられた金属部品の不具合により混入したと考えられ、関係するのは使用見合わせとなっている3ロットのみだとした。厚労省によると、異物混入は茨城、埼玉、東京、岐阜、愛知の5都県の接種会場で、計39本の未使用状態の瓶で確認された。スペインにある工場の同じ製造ラインで作られた3ロット計約163万回分について、使用を見合わせるよう要請。各地で職域接種の中断など、影響が広がった。河野太郎ワクチン担当相は約163万回分のうち、「50万回強は接種済みと把握」と言及。使用見合わせワクチンの3分の1は接種された計算になる。人体への問題はないのか。武田は1日、ステンレスは心臓の人工弁などに使用されているもので、破片が筋肉に注射されても「局所で反応を引き起こす可能性はあるが、医療上のリスクが増大する可能性は低い」との見解を公表した。また、使用見合わせ対象を2回接種後に死亡した30代の男性2人については、接種との因果関係は確認されていないとし、「現時点では偶発的に生じたものと考えられる」との見方を示した。2人はいずれも基礎疾患やアレルギー歴はなかった。沖縄県などでは、使用見合わせ対象外から異物が見つかるケースがあった。厚労省はこのケースは注射器の針を瓶に刺した際、ゴム栓が削り取られ、破片が混入した可能性が高いとする調査結果を発表している。日本ワクチン学会理事で静岡厚生病院(静岡市)の田中敏博医師は、「一般的に海外製だとしても出荷前検品がされるはず。異物混入は聞いたことがない」と話す。学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。
厚労省によると、異物混入は茨城、埼玉、東京、岐阜、愛知の5都県の接種会場で、計39本の未使用状態の瓶で確認された。スペインにある工場の同じ製造ラインで作られた3ロット計約163万回分について、使用を見合わせるよう要請。各地で職域接種の中断など、影響が広がった。河野太郎ワクチン担当相は約163万回分のうち、「50万回強は接種済みと把握」と言及。使用見合わせワクチンの3分の1は接種された計算になる。人体への問題はないのか。武田は1日、ステンレスは心臓の人工弁などに使用されているもので、破片が筋肉に注射されても「局所で反応を引き起こす可能性はあるが、医療上のリスクが増大する可能性は低い」との見解を公表した。また、使用見合わせ対象を2回接種後に死亡した30代の男性2人については、接種との因果関係は確認されていないとし、「現時点では偶発的に生じたものと考えられる」との見方を示した。2人はいずれも基礎疾患やアレルギー歴はなかった。沖縄県などでは、使用見合わせ対象外から異物が見つかるケースがあった。厚労省はこのケースは注射器の針を瓶に刺した際、ゴム栓が削り取られ、破片が混入した可能性が高いとする調査結果を発表している。日本ワクチン学会理事で静岡厚生病院(静岡市)の田中敏博医師は、「一般的に海外製だとしても出荷前検品がされるはず。異物混入は聞いたことがない」と話す。学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。
河野太郎ワクチン担当相は約163万回分のうち、「50万回強は接種済みと把握」と言及。使用見合わせワクチンの3分の1は接種された計算になる。人体への問題はないのか。武田は1日、ステンレスは心臓の人工弁などに使用されているもので、破片が筋肉に注射されても「局所で反応を引き起こす可能性はあるが、医療上のリスクが増大する可能性は低い」との見解を公表した。また、使用見合わせ対象を2回接種後に死亡した30代の男性2人については、接種との因果関係は確認されていないとし、「現時点では偶発的に生じたものと考えられる」との見方を示した。2人はいずれも基礎疾患やアレルギー歴はなかった。沖縄県などでは、使用見合わせ対象外から異物が見つかるケースがあった。厚労省はこのケースは注射器の針を瓶に刺した際、ゴム栓が削り取られ、破片が混入した可能性が高いとする調査結果を発表している。日本ワクチン学会理事で静岡厚生病院(静岡市)の田中敏博医師は、「一般的に海外製だとしても出荷前検品がされるはず。異物混入は聞いたことがない」と話す。学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。
人体への問題はないのか。武田は1日、ステンレスは心臓の人工弁などに使用されているもので、破片が筋肉に注射されても「局所で反応を引き起こす可能性はあるが、医療上のリスクが増大する可能性は低い」との見解を公表した。また、使用見合わせ対象を2回接種後に死亡した30代の男性2人については、接種との因果関係は確認されていないとし、「現時点では偶発的に生じたものと考えられる」との見方を示した。2人はいずれも基礎疾患やアレルギー歴はなかった。沖縄県などでは、使用見合わせ対象外から異物が見つかるケースがあった。厚労省はこのケースは注射器の針を瓶に刺した際、ゴム栓が削り取られ、破片が混入した可能性が高いとする調査結果を発表している。日本ワクチン学会理事で静岡厚生病院(静岡市)の田中敏博医師は、「一般的に海外製だとしても出荷前検品がされるはず。異物混入は聞いたことがない」と話す。学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。
また、使用見合わせ対象を2回接種後に死亡した30代の男性2人については、接種との因果関係は確認されていないとし、「現時点では偶発的に生じたものと考えられる」との見方を示した。2人はいずれも基礎疾患やアレルギー歴はなかった。沖縄県などでは、使用見合わせ対象外から異物が見つかるケースがあった。厚労省はこのケースは注射器の針を瓶に刺した際、ゴム栓が削り取られ、破片が混入した可能性が高いとする調査結果を発表している。日本ワクチン学会理事で静岡厚生病院(静岡市)の田中敏博医師は、「一般的に海外製だとしても出荷前検品がされるはず。異物混入は聞いたことがない」と話す。学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。
沖縄県などでは、使用見合わせ対象外から異物が見つかるケースがあった。厚労省はこのケースは注射器の針を瓶に刺した際、ゴム栓が削り取られ、破片が混入した可能性が高いとする調査結果を発表している。日本ワクチン学会理事で静岡厚生病院(静岡市)の田中敏博医師は、「一般的に海外製だとしても出荷前検品がされるはず。異物混入は聞いたことがない」と話す。学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。
日本ワクチン学会理事で静岡厚生病院(静岡市)の田中敏博医師は、「一般的に海外製だとしても出荷前検品がされるはず。異物混入は聞いたことがない」と話す。学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。
学会としても今回の異物混入は「異例」と受け止めており、近く見解を出す予定だが、田中医師はワクチンには重症化予防といった効果がみられるとして、「誰もが安心して接種できるよう、国やメーカーは混入の発生頻度などについて早期に正確な情報開示をしてほしい」と求めた。