女子高校生遺体遺棄 容疑者「携帯捨てた」 連絡手段絶ち連れ回す

東京都墨田区の私立高校3年の女子生徒(18)の遺体が山梨県内の物置小屋から見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕されたともに職業不詳の小森章平(27)と妻和美(いずみ)(28)の両容疑者が「女子生徒の携帯電話を捨てた」と供述していることが捜査関係者への取材で判明した。警視庁向島署捜査本部は、連絡手段を絶って女子生徒を連れ回していたとみて調べる。
女子高生遺体遺棄 逮捕の夫「関係を問いただされた」
捜査関係者によると、女子生徒は8月28日午後3時半ごろに外出し、直後に墨田区内の駐車場で両容疑者の車に乗車。同日には群馬県渋川市にある両容疑者の自宅に行って1泊した。
章平容疑者と女子生徒は約2年前にツイッターで知り合っており、和美容疑者は「ツイッターでのやり取りをやめてもらうために3人で話し合おうとした」と説明。捜査本部は、和美容疑者が2人の関係を邪推していたとみている。
3人は29日夜に再び車で外出し、30日朝に山梨県早川町の物置小屋に到着。両容疑者は同日に遺体を遺棄したとして逮捕された。和美容疑者は「小屋に着いた段階から気持ちの整理がつかなくなった」と供述しており、小屋に着いた時点では話し合いを続けるつもりだった可能性がある。
一方で、両容疑者は「刺したり首を絞めたりして小屋で殺した」と殺害への関与も認めているという。司法解剖の結果、死因は不詳だが、首を絞められたことによる窒息の影響が強いことが判明。ただ、4カ所あった背中の傷は最大の深さが18センチで内臓に達しているものもあり、失血死や出血性ショックの可能性もある。小屋内からは凶器とみられるナイフ(刃渡り19センチ)が見つかった。 捜査本部は1日、両容疑者を送検した。【最上和喜、鈴木拓也、木原真希】
捜査本部は1日、両容疑者を送検した。【最上和喜、鈴木拓也、木原真希】