池袋暴走あす判決 妻と娘失った男性の思い

2019年、東京・池袋で車が暴走し、親子2人が死亡するなどした事故の裁判で、2日、判決が言い渡されます。妻と娘を亡くした男性が今の思いを語りました。

手を合わせる、松永拓也さん(35)。
「ここの石の下に2人は骨はね、あるんですよ。31歳の女性と3歳の女の子の骨がここにある。これが交通事故の現実」
2019年の事故で、妻の真菜さんと娘の莉子ちゃんを失いました。
松永拓也さん「こういったことは起きてはいけないなと、改めて思う場所なんですよね」
2019年4月、豊島区東池袋の路上で乗用車が暴走し、2人が死亡、9人が重軽傷を負った事故。車を運転していた飯塚幸三被告(90)が過失運転致死傷の罪で起訴され、裁判は2日、判決を迎えます。
検察側は禁錮7年を求刑。一方、飯塚被告は“車の異常”が原因だとして、無罪を主張しています。

先月、遺族の松永さんが訪れたのは、真菜さん・莉子ちゃんとの思い出が詰まった公園。
松永拓也さん「よく来てましたね。真菜がパン手作りして、サンドイッチ作ってくれるんですよ。(莉子は)あんな感じで走り回ってた」
松永さんは先月、飯塚被告が「読んでいる」と裁判で述べた自身のブログに…。松永さんのブログより――あなたの法律上の無罪を主張する権利は尊重しています。  一審の判決が出たら、もう辞めにしませんか。松永拓也さん「これ以上(裁判を)やることに、私はどうしても利益というものを感じられない」裁判に参加するたびむなしさが増し、争いより、事故防止の活動に全力を注ぎたいといいます。松永拓也さん「判決が出たところで(妻と娘の)命が戻るわけではない。もちろん罪は償っていただきたい。執行猶予になってしまうんだとしたら、僕は良くない判例だと思うんです」ただ…。松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
松永さんのブログより――あなたの法律上の無罪を主張する権利は尊重しています。  一審の判決が出たら、もう辞めにしませんか。松永拓也さん「これ以上(裁判を)やることに、私はどうしても利益というものを感じられない」裁判に参加するたびむなしさが増し、争いより、事故防止の活動に全力を注ぎたいといいます。松永拓也さん「判決が出たところで(妻と娘の)命が戻るわけではない。もちろん罪は償っていただきたい。執行猶予になってしまうんだとしたら、僕は良くない判例だと思うんです」ただ…。松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
――あなたの法律上の無罪を主張する権利は尊重しています。  一審の判決が出たら、もう辞めにしませんか。松永拓也さん「これ以上(裁判を)やることに、私はどうしても利益というものを感じられない」裁判に参加するたびむなしさが増し、争いより、事故防止の活動に全力を注ぎたいといいます。松永拓也さん「判決が出たところで(妻と娘の)命が戻るわけではない。もちろん罪は償っていただきたい。執行猶予になってしまうんだとしたら、僕は良くない判例だと思うんです」ただ…。松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
一審の判決が出たら、もう辞めにしませんか。松永拓也さん「これ以上(裁判を)やることに、私はどうしても利益というものを感じられない」裁判に参加するたびむなしさが増し、争いより、事故防止の活動に全力を注ぎたいといいます。松永拓也さん「判決が出たところで(妻と娘の)命が戻るわけではない。もちろん罪は償っていただきたい。執行猶予になってしまうんだとしたら、僕は良くない判例だと思うんです」ただ…。松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
松永拓也さん「これ以上(裁判を)やることに、私はどうしても利益というものを感じられない」裁判に参加するたびむなしさが増し、争いより、事故防止の活動に全力を注ぎたいといいます。松永拓也さん「判決が出たところで(妻と娘の)命が戻るわけではない。もちろん罪は償っていただきたい。執行猶予になってしまうんだとしたら、僕は良くない判例だと思うんです」ただ…。松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
裁判に参加するたびむなしさが増し、争いより、事故防止の活動に全力を注ぎたいといいます。松永拓也さん「判決が出たところで(妻と娘の)命が戻るわけではない。もちろん罪は償っていただきたい。執行猶予になってしまうんだとしたら、僕は良くない判例だと思うんです」ただ…。松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
松永拓也さん「判決が出たところで(妻と娘の)命が戻るわけではない。もちろん罪は償っていただきたい。執行猶予になってしまうんだとしたら、僕は良くない判例だと思うんです」ただ…。松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
ただ…。松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
松永拓也さん「2人が愛してくれた僕っていうのは…争いを続けている僕ではなかったはずなんですよね」苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」
苦しい思いを終わりにしたいと願い、迎える判決。手帳に挟んだ“3人の笑顔”と共に、2日午後2時からの言い渡しにのぞみます。松永拓也さん「どういう判決であれ、しっかり私なりに受け止めて、心して待ちたいなとは思います」