被害男性「LINEブロックした」硫酸事件

東京の地下鉄の駅で、男性に硫酸をかけ大ケガをさせたとして男が逮捕された事件で、被害者の男性が、「去年、男から『泊まりに行っていいか』としつこく言われ、LINEをブロックした」などと説明していることがわかりました。
花森弘卓容疑者(25)は先月、港区の白金高輪駅で、22歳の会社員の男性の顔に硫酸をかけ、大けがをさせた疑いがもたれています。
その後の捜査関係者への取材で、被害者の男性が、「去年9月ごろに花森容疑者から『自宅に泊まりに行っていいか』と連絡があった」「断ったが、しつこく言われたのでLINEをブロックした」などと、警視庁に説明していることがわかりました。