交番で警官に包丁突きつけ「拳銃を抜け」、41歳の男逮捕

高知市内の交番で警察官に包丁を突きつけ、拳銃を奪い取ろうとしたとして、高知県警高知南署は1日、高知市福井町、無職の男(41)を強盗未遂容疑などで逮捕した。
「拳銃を奪うつもりはなかった」などと、容疑の一部を否認している。
発表によると、男は8月31日午後5時50分頃、同市梅ノ辻の梅ノ辻交番で、同署の男性巡査長(44)に包丁(刃渡り16センチ)を向け「拳銃を抜け」などと脅して拳銃を奪おうとした疑い。
巡査長が取り押さえ、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕していた。