眞子さま年内結婚「とにかく会いたい」と過ごした不安定な日々 「30歳までに」を貫かれて

9月1日、読売新聞が【眞子さま年内結婚 婚約内定・小室さんと 儀式行わぬ方向】と報じた。2017年9月の小室圭さん(29)との婚約内定から4年、圭さんの母・佳代さんと元婚約者との金銭トラブルが報じられてから3年9ヶ月。「多くの国民が結婚を祝福する状況」が実現しない中で納采の儀などは省略し、かねて望まれてきた「30歳までに結婚」を貫かれることになりそうだ。
【写真】秋篠宮さまにしがみつく「眞子さま」
「10月、遅くとも年内に結婚というのは間違いないということで、あとはどの時点で確定するのかという段階でした。紀子さまが9月11日に55歳の誕生日を迎えられるにあたり、例年、記者の質問に文書回答をされるのですが、それがひとつのタイミングではとも噂されていました。宮内庁内ではここ最近、眞子さまのご意向の確認のため、かなりバタついていたようです」
と、宮内庁担当記者。
眞子さまと小室さんは当初から、共に30歳を迎えられる「10月入籍」を念頭に動かれてきたという。
「2020年11月に眞子さまは文書を公表し、“結婚は私たちにとって生きていくために必要な選択です”と綴られました。これを受ける形で秋篠宮さまは記者会見で、憲法の条文を持ち出され、結婚を容認する考えを明らかにされました」
その後は秋篠宮さまのみならず宮内庁長官、そして天皇陛下が「多くの国民が結婚を祝福する状況」作りに言及され、小室さん側の説明に注目が集まっていた。
「そこで今年4月に発表されたのが『小室文書』でした。母・佳代さんと元婚約者との金銭トラブルを28ページにわたって説明するもので、誤った情報を訂正する狙いがあったわけですが、国民が納得するどころか逆に反発を生んでしまいました。自分たちに瑕疵(かし)はなく、相手を論破するようなスタンスが、文書から垣間見えたのがその理由だと思われます」約1億4000万円の一時金は辞退 悠仁さまという将来の天皇陛下の姉に当たる方の配偶者なのだから、人の痛みや弱みを汲み取ることができる心の温かさのようなものを国民は見たかったのかもしれない。「文書は眞子さまも事前に目を通され、素晴らしい内容だという評価をされていたといいます。お2人の共同作業となってしまったことで、眞子さまに対しても“公よりも私の部分に偏られているように映る”という声が宮内庁からも上がっていくことになりました」(先の記者) 当初目標としてきた10月というデッドラインが近づく一方で、国民の理解は深まらないという状況の中、「会見を開くなど、さらに説明を尽くされることも想定されたようですが、なかなか難しいということで断念されたと聞いています。眞子さまが皇籍を離脱するタイミングで税金から約1億4000万円の一時金が支払われることに対して国民のアレルギーがあることも十分承知され、それは辞退したいという風におっしゃってきたようです」結婚は容認されてきた 小室さんは7月に米NY州の司法試験を受けた後、日本に一時帰国するのではないかとみられてきた。しかし、それが実現しなかった背景について、別の宮内庁担当記者が話す。いずれNY行きも「確かに試験の合否が判明するのは今年12月と比較的時間があるので、東京五輪の開催期間中の帰国を模索したこともあったようです。しかしコロナ禍が収束する気配を見せず、帰国のハードルとなったことは否定できないでしょう」 加えて、「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
悠仁さまという将来の天皇陛下の姉に当たる方の配偶者なのだから、人の痛みや弱みを汲み取ることができる心の温かさのようなものを国民は見たかったのかもしれない。「文書は眞子さまも事前に目を通され、素晴らしい内容だという評価をされていたといいます。お2人の共同作業となってしまったことで、眞子さまに対しても“公よりも私の部分に偏られているように映る”という声が宮内庁からも上がっていくことになりました」(先の記者) 当初目標としてきた10月というデッドラインが近づく一方で、国民の理解は深まらないという状況の中、「会見を開くなど、さらに説明を尽くされることも想定されたようですが、なかなか難しいということで断念されたと聞いています。眞子さまが皇籍を離脱するタイミングで税金から約1億4000万円の一時金が支払われることに対して国民のアレルギーがあることも十分承知され、それは辞退したいという風におっしゃってきたようです」結婚は容認されてきた 小室さんは7月に米NY州の司法試験を受けた後、日本に一時帰国するのではないかとみられてきた。しかし、それが実現しなかった背景について、別の宮内庁担当記者が話す。いずれNY行きも「確かに試験の合否が判明するのは今年12月と比較的時間があるので、東京五輪の開催期間中の帰国を模索したこともあったようです。しかしコロナ禍が収束する気配を見せず、帰国のハードルとなったことは否定できないでしょう」 加えて、「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
「文書は眞子さまも事前に目を通され、素晴らしい内容だという評価をされていたといいます。お2人の共同作業となってしまったことで、眞子さまに対しても“公よりも私の部分に偏られているように映る”という声が宮内庁からも上がっていくことになりました」(先の記者) 当初目標としてきた10月というデッドラインが近づく一方で、国民の理解は深まらないという状況の中、「会見を開くなど、さらに説明を尽くされることも想定されたようですが、なかなか難しいということで断念されたと聞いています。眞子さまが皇籍を離脱するタイミングで税金から約1億4000万円の一時金が支払われることに対して国民のアレルギーがあることも十分承知され、それは辞退したいという風におっしゃってきたようです」結婚は容認されてきた 小室さんは7月に米NY州の司法試験を受けた後、日本に一時帰国するのではないかとみられてきた。しかし、それが実現しなかった背景について、別の宮内庁担当記者が話す。いずれNY行きも「確かに試験の合否が判明するのは今年12月と比較的時間があるので、東京五輪の開催期間中の帰国を模索したこともあったようです。しかしコロナ禍が収束する気配を見せず、帰国のハードルとなったことは否定できないでしょう」 加えて、「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
当初目標としてきた10月というデッドラインが近づく一方で、国民の理解は深まらないという状況の中、「会見を開くなど、さらに説明を尽くされることも想定されたようですが、なかなか難しいということで断念されたと聞いています。眞子さまが皇籍を離脱するタイミングで税金から約1億4000万円の一時金が支払われることに対して国民のアレルギーがあることも十分承知され、それは辞退したいという風におっしゃってきたようです」結婚は容認されてきた 小室さんは7月に米NY州の司法試験を受けた後、日本に一時帰国するのではないかとみられてきた。しかし、それが実現しなかった背景について、別の宮内庁担当記者が話す。いずれNY行きも「確かに試験の合否が判明するのは今年12月と比較的時間があるので、東京五輪の開催期間中の帰国を模索したこともあったようです。しかしコロナ禍が収束する気配を見せず、帰国のハードルとなったことは否定できないでしょう」 加えて、「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
「会見を開くなど、さらに説明を尽くされることも想定されたようですが、なかなか難しいということで断念されたと聞いています。眞子さまが皇籍を離脱するタイミングで税金から約1億4000万円の一時金が支払われることに対して国民のアレルギーがあることも十分承知され、それは辞退したいという風におっしゃってきたようです」結婚は容認されてきた 小室さんは7月に米NY州の司法試験を受けた後、日本に一時帰国するのではないかとみられてきた。しかし、それが実現しなかった背景について、別の宮内庁担当記者が話す。いずれNY行きも「確かに試験の合否が判明するのは今年12月と比較的時間があるので、東京五輪の開催期間中の帰国を模索したこともあったようです。しかしコロナ禍が収束する気配を見せず、帰国のハードルとなったことは否定できないでしょう」 加えて、「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
小室さんは7月に米NY州の司法試験を受けた後、日本に一時帰国するのではないかとみられてきた。しかし、それが実現しなかった背景について、別の宮内庁担当記者が話す。いずれNY行きも「確かに試験の合否が判明するのは今年12月と比較的時間があるので、東京五輪の開催期間中の帰国を模索したこともあったようです。しかしコロナ禍が収束する気配を見せず、帰国のハードルとなったことは否定できないでしょう」 加えて、「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
「確かに試験の合否が判明するのは今年12月と比較的時間があるので、東京五輪の開催期間中の帰国を模索したこともあったようです。しかしコロナ禍が収束する気配を見せず、帰国のハードルとなったことは否定できないでしょう」 加えて、「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
加えて、「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
「これもまたコロナ禍ゆえにと言えばそうなのですが、帰国期間中はその言動がずっと注目されることになってしまいます。警備にはもちろん人員が投入され、『密』が生まれ、新たな感染者が発生してしまう可能性もある。秋篠宮さまなどが指摘されてきた『多くの国民が結婚を祝福する状況』になっていない中で、その神経を逆撫でするような振る舞いは慎まなければならないという判断が働いたのかもしれません」お2人の人生設計に一刻の猶予も そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
そんな中、“(小室さんに)とにかく会いたい”というのが、眞子さまの口癖のようになっていたという。折からのコロナ禍で小室さんと会うことが叶わなくなり、せっかく会えると思っていたらそれも実現せずということで、眞子さま自身、お気持ちが不安定な日があったとされる。「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
「宮内庁としては、婚約の儀式に相当する納采の儀などを経たうえでの結婚を進言してきました。たとえ皇籍を離脱されても将来の天皇陛下の姉君としてのお立場があるということも、ダイレクトにではないものの説明してきたようですが、眞子さまと小室さんには30歳で結婚してその後にどんな家庭を作っていくかという人生設計がしっかりあり、その実現のためには一刻の猶予も許されず、儀式的なものは省略し、皇籍離脱後にNYへ渡るという判断になったということです」デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
デイリー新潮取材班2021年9月1日 掲載
2021年9月1日 掲載