クラスターで自宅待機中の19歳巡査、飲酒運転か…県警「現在調査中」

新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生し、自宅待機となっていた山形県警察学校(天童市荒谷)の初任科の男性巡査(19)が、飲酒して乗用車を運転した疑いがあることが31日、捜査関係者への取材でわかった。
捜査関係者によると、男性巡査は8月29日朝、帰宅しようと山形市内で乗用車を運転していたところ、パトロール中の警察官に呼び止められ、飲酒検査を受けた。酒気帯び運転の基準値(呼気1リットルあたり0・15ミリ・グラム)は下回ったが、呼気からアルコールが検出されたという。
初任科は、この春採用された新人警察官が研修する課程で、今年は75人が同校で学んでいた。20日までに初任科生13人の新型コロナの感染が確認され、初任科生は男性巡査を含め、自宅待機が指示されていた。
県警は、未成年での飲酒やアルコールが検出される状態で運転した経緯を調べている。
県警監察課は、読売新聞の取材に対し「現在調査中で、発表できることはない」としている。