「3人で話し合おう」と呼び出すも「気持ちの整理がつかなくなってしまった」逮捕された夫婦の妻が供述 女子高校生の遺体遺棄

東京・墨田区の女子高校生の遺体を遺棄したとして、逮捕された夫婦の妻が「元々持っていたキャンプなどで使う刃物で刺した」と話していることがわかった。

・【映像】逮捕の女「元々持っていた刃物で…」
小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)は、高校3生の鷲野花夏さん(18)の遺体を山梨県の山中に遺棄した疑いが持たれている。その後の捜査関係者への取材で、和美容疑者が「元々持っていたキャンプなどで使う刃物を使って山梨県の小屋の中で鷲野さんを刺した」と供述していることがわかった。また、「最初は話し合おうとしたが、気持ちの整理がつかなくなってしまった」とも供述しているという。