眞子さま結婚へ 「前代未聞」海外メディアも注目

秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが年内にも小室圭さんと結婚してニューヨークに移住する見通しなどについて、海外メディアが「前代未聞」などと報じました。
「眞子さまと小室圭さん年内結婚へ調整」。早速、イギリスメディアでも報じられました。
英高級紙「タイムズ」:「日本のプリンセス、眞子さまが100万ポンドの結婚一時金を断り、アメリカへ移住計画」
こんな見出しを付けたのは、高級紙「タイムズ」です。「皇室の伝統を打ち破る前代未聞の事態」と伝えています。さらに、眞子さまがイギリスの大学で学んだことを紹介するほか、小室さんが「海の王子」に選ばれていたことや小室さんの母親を巡る金銭トラブルの経緯についても詳しく伝えています。
高級紙の「テレグラフ」。こちらは、皇位継承の問題についても詳しく解説。女性皇族が民間人と結婚すると皇族の規模が縮小すると説明し、同じ世代の後継者は悠仁さまだけだと紹介しています。
“お2人の結婚が年内に”。お2人が結婚してニューヨークに移住となれば、これから多くの手続きが必要となるはずです。
元宮内庁職員の山下晋司さんが指摘したのは…。
皇室ジャーナリスト・山下晋司さん:「眞子さまは今、パスポートを持っていないはずですから、順番からすると婚姻届を出して『小室眞子』となってから、パスポートの申請をする。その後、ビザを申請して取得してアメリカに行く。もし、10月23日の(眞子さまの)30歳の誕生日をニューヨークで小室さんとともに迎えたいという気持ちがあるとすると、逆算すると最も早い場合、9月20日すぎくらいには婚姻届を出すのではないか」
アメリカでの生活は英語が中心となりますが、眞子さまの英語力の高さを間近で実感した人から話を聞くことができました。
2017年6月にブータンを訪問された眞子さまが現地スタッフに技術指導を行った福島の造園家・仲田茂司さんから説明を受けられた時のことです。