陸自大津駐屯地でクラスター、135人感染…2回接種済みは1人だけ

陸上自衛隊は2日、大津駐屯地(大津市)で教育を受けていた20~40歳代の隊員ら135人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。
陸自によると、隊員らは同じ隊舎内で共同生活をするなどしており、8月23日から9月1日にかけて感染が判明した。1人が中等症で、他は軽症か無症状。駐屯地外への感染拡大は確認されていないという。135人のうち2回のワクチン接種を終えていたのは1人で、他は未接種だった。