【速報】飯塚被告に禁錮5年の実刑判決 池袋暴走事故“踏み間違え”過失認定

東京・池袋で2019年、車が暴走し親子が死亡するなどした事故で、車を運転していた旧通産省元幹部の飯塚幸三被告(90)に、東京地裁は2日午後、禁錮5年の実刑判決を言い渡した。
東京地裁前から、松川沙紀記者が中継で伝える。
飯塚被告は車いすで入廷し、判決を言い渡されると、うつむき加減でじっと聞いていた。
その際、遺族の松永拓也さんは目を伏せたまま、表情を崩すことはなかった。
この裁判は、旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三被告が、2019年、豊島区東池袋で車を暴走し、松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)を死亡させ、9人にけがをさせた罪に問われたもの。
これまでの裁判で飯塚被告は、「アクセルとブレーキを踏み間違えた記憶は全くない」と無罪を主張する一方で、検察側は「自分の主張のみに固執している」と指摘し、禁錮7年を求刑していた。
2日の判決で東京地裁は、「ブレーキと間違ってアクセルペダルを踏み込んだ」と飯塚被告の過失を認定し、禁錮5年の実刑判決を言い渡した。
法廷では、現在も判決理由の読み上げが続いている。